大学生で1日10万円のビジネスオーナー

Pocket

こんにちは、わっきーです。

1日で10万円以上の収入なんて、
親が金持ちとか特殊な条件でないと、
実現しないんじゃないのか?

そんなことも思ってた時期もありましたね。
しかしそんなことはない。

誰でも実現することは可能なのです。

僕はインターネットビジネスで様々な実績を叩きだしてきました。

普段セミナーなどをする時に
書いている実績をここに挙げておきますね。

ネットビジネス(転売)を始めて 1 ヶ月で月収 120 万
3 か月後にTwitterアフィリエイトを始めて1ヶ月で月収200万
メルマガアフィリエイトでも月収300万円を達成するなど
様々なビジネスにおいて短期間で圧倒的な成果を出す。
特に Youtube を使った集客を得意とし、
投稿した動画から100 万円単位の商品がバカ売れ。
1日で200~300 万の利益はザラ。
法人のマーケティングや社員教育のコンサルも請け負い、
次々と結果を出させ、
時にコンサルフィーとして1社から1000万円以上を受け取る。
数十人の外注を組織し、
月収数百万円の自動収入を確立。

こんな感じの実績です。

意味不明って言われます。
けど、全然意味不明ではありません。

1つづつ自分の可能性を広げていったにすぎません。
そりゃー一気に真似するのは難しいですよ。
しかし、1つづつ潰していけば、
お金に困らない程度であれば、
達成できるでしょう。

日本人は、
基本的に守りに入りたがる国民性を
教育されています。

失敗したらどうしよう。
しかし、失敗ってそもそも何なのでしょうか?
何もやらないのが一番失敗だと僕は思います。

僕は人生を
4つの自由のかけ算だと捉えています。

4つの自由とは、
金銭的な自由
精神的な自由
時間的な自由
身体的な自由

僕はお金がいくらあっても
週休0のエリートサラリーマンコースは嫌だったので、
慶應大学に合格したのにもかかわらず、
エリートの道を捨てました。

僕がネットビジネスをやるまえに志望していた
外資系金融機関は、
20台で年収1000万を超す会社も
珍しくはありませんし、
金銭的には安定することででしょう。

会社によっては、
4000万を越える場合もあります。

ですが、
時間が全くないのです。
お金あっても時間なかったら、
稼ぐ意味がほとんどなくなってしまいます。

お金は手段です。
自分の生活を豊かにする。
学んで、思考の幅を広げる。
受動的な脳みそを能動的な脳みそにして、
積極的に様々なことをやれる人生にする。

こんなことのために使うべきだと思ってますし、
ただただ貯金をしていても、
意味はありません。

挑戦しすぎて、
これ以上使えないならわかりますが、
貯金しているだけだと、
お金は寝ていることになってしまいます。

話を戻しますが、
人生の充実度は4つの自由のかけ算だと捉えたときに、
お金だけでもだめで、
精神だけでもダメで、
時間だけあってもダメで、
身体的な自由だけあってもダメということになるわけです。

年に1億円稼いでも
身体と心ぶっ壊れるほど働いても
人生トータルで考えたらコストパフォーマンス悪いし、
時間が余っていて、心が安定していても、
お金がなかったらどうやっても生活できません。
それが結果的に精神的な不安定な状態を引き起こします。

じゃあ人生を向上させるにはどうすればいいのか?

答えはシンプルです。
お金が自動的に入ってくる状態になりましょう。

ということです。

金持ち父さん貧乏父さんという超有名な本では、
お金を稼ぐ手段として
4つの手段をあげています。

・従業員
・自営業者
・ビジネスオーナー
・投資家

上記の4つです。

僕は自営業者でありながら、 1日10万円以上の収入が入ってくるビジネスオーナーになりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<
Pocket