OperaMail使ってみたらメールが捗って仕方がない

Pocket

こんにちは、わっきーです。

メールクライアント
「OperaMail」
を紹介します。

結論から言うと、
超便利です。
しかも、無料です。

Windowsはもちろんのこと。
きちんとMacで支えます。

僕は職業柄、
複数のメールアドレスを使い分けています。

なので、
OperaMailを使うまでは、
Gmailに何度もログインしたりしてました。

けど、OperaMailを導入してからは、
複数アカウントを同時に使えるので、
非常に便利

設定がめんどくさいとか言う人いるけど、
使わないことによる機会損失の方が
明らかに凌駕するので、僕は使ってます。

慣れるまでは元々使ってたものが良いとは思いますが、
慣れてしまえばこっちのものです。

僕は1日で慣れました。

なんでもそうですけど、
初心者の頃はなんでも億劫です。

全然楽しくないし、
慣れてないから使いにくいし。

実際使ってみるとわかりますが、
メールを裁くスピードはかなり早くなりました。

時間は有限ですからね。
カットできるところはカットしようという話です。

時間をうまく使うのは
これからの時代かなり重要なスキルになってきます。

いつも言ってますが、
せっかくテクノロジーが発達していて
個人でもその恩恵を受けることができるので、
ツールにはどんどん投資していきましょう。

OperaMailのダウンロードはこちら

時間を有効化するために僕が買ったものを紹介してます。
2014年買ってコスパのよかったものをレビューしまくる

ここに書いてあることをやめるだけでも超無駄は消えると思いますよ。
その作業儲からないって気づいてる?無駄無駄無駄無駄



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. GoogleChrome1
  2. uWNPjEb8mVgOyk51465816042_1465816422
  3. IMG_0863.JPG
  4. image5
  5. image3
  6. ciewCktDLVNTzhs1479482897_1479483016
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの理念と僕わっきーのプロフィール


初めまして、
西脇です。
わっきーという名前でブログを書いてます。

極貧アルバイト生活の状態から起業して、
何もしなくても、
毎月500万円以上の利益が勝手に生まれる生活に変化しました。


全く労働をする必要がなくなったので、
21歳の時はセミリタイアしてました。

怪しいですよね。
怪しいでしょうが、そのような世界があるということを知ってもらいたいのです。

その上で、このブログを読んでもらいたいです。

このブログのコンセプトは、
ヘッダー画像にもありますように

『金時心体〜いざ脱獄〜』
きんじしんたいと読みます。

何だそりゃ?という感じですよね。

説明していきます。

金時心体とは

お金
時間
精神
身体

を指してます。

僕は、その
金時心体の自由度が高い状態を目指して生きています。

つまり、
金銭的な自由
時間的な自由
精神的な自由
身体的な自由

この4つの自由度を上げていくというのが今現在僕が人生をより満足にしていくためにやっていることです。

お金もなくて、友達もいなくて、自信もなかった僕がどうなったのか?

もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。

金時心体理念物語

わっきーのおすすめ教材まとめ

初心者用コンテンツ

ブログでは聞けないyoutubeチャンネル

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。