Gmailのアプリがスワイプで次のメールが見れなくなった件

Pocket

こんにちは、わっきーです。

2016年の11月入ったあたりか。
Gmailのアプリがアップデートされて、
改悪されました。

一番嫌なのは、
スワイプで次のメールが見れなくなったこと。

これ最悪。
メールを見たい時に、
いちいち戻らないといけない。

確かにGmailにはお世話になっているけれど、
この変更は謎だなあ。

11/19追記
このブログ記事を書いたら、
メルマガの読者さんがGmailの代わりに良いアプリあるよ。
って言って代替アプリを教えてくれました。

sparkというアプリ。

Spark – メールがもう一度楽しくなる
カテゴリ: 仕事効率化
現在の値段: 無料

これはスワイプで他のメール見れるし、いい感じ。

このアプリの謎のアップデートの現象って多いですよね。
他のアプリでも改訂しないでいいのに。
とかよく思いますもん。

Googleはプラットフォーの開発ももちろん大事だと思いますけど、
GmailもGoogleドライブもGoogleMAPもこれ以上の開発はいらないから、
そうではなくて、面白いコンテンツ作りに向かって欲しいなあ。

いや、それにしても次のメールが見れないのは勘弁。
これだけでメールを見る気が多少失せる。

逆に言うと、
ついメールボックスを開いてしまう癖があったから、
それを防止する策としてはいいかもだけど、
何れにしてもTwitterで調べてみると、
Gmailの今回の改訂はマジで改悪って言ってる人が多いから、
元に戻ってほしいなあ。

Google先生お願いしまっせ。

追記
spark超便利すぎる。
沖縄在住Sさんありがとうございます!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. uWNPjEb8mVgOyk51465816042_1465816422
  2. S__4636676
  3. Bottlenosed Dolphins
  4. クリップボード履歴ツール
  5. GG44MgFW9EQHz4E1465214827_1465215245
  6. IMG_1956.JPG
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの理念と僕わっきーのプロフィール


初めまして、
西脇です。
わっきーという名前でブログを書いてます。

極貧アルバイト生活の状態から起業して、
何もしなくても、
毎月500万円以上の利益が勝手に生まれる生活に変化しました。


全く労働をする必要がなくなったので、
21歳の時はセミリタイアしてました。

怪しいですよね。
怪しいでしょうが、そのような世界があるということを知ってもらいたいのです。

その上で、このブログを読んでもらいたいです。

このブログのコンセプトは、
ヘッダー画像にもありますように

『金時心体〜いざ脱獄〜』
きんじしんたいと読みます。

何だそりゃ?という感じですよね。

説明していきます。

金時心体とは

お金
時間
精神
身体

を指してます。

僕は、その
金時心体の自由度が高い状態を目指して生きています。

つまり、
金銭的な自由
時間的な自由
精神的な自由
身体的な自由

この4つの自由度を上げていくというのが今現在僕が人生をより満足にしていくためにやっていることです。

お金もなくて、友達もいなくて、自信もなかった僕がどうなったのか?

もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。

金時心体理念物語

わっきーのおすすめ教材まとめ

初心者用コンテンツ

ブログでは聞けないyoutubeチャンネル

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。