名前と顔を覚えているだけで感動する話と感動の話

Pocket

こんにちは、わっきーです。

以前バーに行った時の話です。
たまたまふらっと入ったバーで、
結構メニューが充実してて、量も満足だったので、

2回目も適当に入ったことがあったのですけど、
その時に店長さんは僕の顔を覚えていてくれてて、

「前も来てくれましたよね?」
的な声をかけてくださいました。

単純なことだけど、
これってサービス業をやる立場としてすごい重要なことだと思っていて、
僕はこれだけで
「受け入れられてる感」を感じて、
なんか愛着を持ちました。

次に行く時のハードルがとても下がります。
知り合いがいる感覚になるし、
そうなると、ノリで行こうかなとかそういった気分になるし、
飲みたいけど、友達が誰も空いてないみたいな時は、
遊びに行くかくらいノリになる。

たかが顔を覚えていただけで、ですよ。

これって誰でもできることで、
いわゆる
「凡事徹底」ですよね。

この基準値って非常に大事だと思っていて、
高単価のサービスを展開するにあたって、
必要不可欠な部分です。

バーなんて、
お酒の値段なんてあってないようなものだから、
そういった付加価値の部分で
価値の高いものを提供できるようになると、
どんどんサービスとして需要が高まります。

少しだけど、実際僕は感動して、
他の人にその話をしたら、
行ってみたいということになり、
一緒に遊びに行きました。

その分利益も出るわけですよ。

その話にはおまけがあって、
何度も言ってるうちに仲良くなって、
内装のアドバイスとメニュー作りの提案もしました。

それで僕は、その店では一生飲めるんじゃないか?
といったレベルの利益を得ました。笑

せっかく良いスタッフさんが多かったから、
それをマニュアル化して、
もっとより良いものをつくろうぜ。

的なことを言いました。ざっくりですけど。

人が良いなら、
仕組みを作れば、
それはさらに良いものになります。

ま、それはいいんですけど、
何が言いたいかというと、
どんなビジネスをするにしても、
感動させるってことは超大事である。

ってことです。

akb48の握手会では、
よくくるファンの名前と顔はメンバーの中で一致するみたいです。

そりゃー喜んじゃうよな。
とか思いますよ。

あった時に、
「わっきーさん久しぶりです!また来てくれたんだね。」

とか言ってくれるわけですから。

それが戦略だろうが、
打算的だろうが、
いいと思うのですよ。

だって、ファンとしては嬉しいから。
感動しちゃうから。

感動は無料で作れるし、
やらなきゃ損損というわけですよ。

先日北海道に仕事で行ったのですが、
その時も付加価値の高いサービスを体験しました。

それはタクシーに乗った時です。

11月なのに大寒波に見舞われて、
街が凍ってたので、
僕は移動はほとんどタクシーでした。

マジでこけそうになるので。

で、タクシーにそうなると、10台くらい乗ったんですけど、
もー全然レベルが違う。

ガイドさんレベルの案内をしてくれる人もいれば、
カーナビの使い方にも慣れてない人もいる。

本当にレベルの差があるなと感じました。

地元民しか行かないけど、
マジで美味しい寿司屋とか教えてくれて、
すごい得した気分。

おかげで、何度も電話で呼びましたもん。
結果その人は多少なりとも儲かったわけです。

これも感動したからですよね。

タクシーの運ちゃんだったら、
調べておくことはできるわけですよ。

観光客を乗せるってことはもう目に見えてるわけですから。

だったら勉強しておくと、
やはり良い価値を提供できるよね。

と言う話で、

やはり散々言い続けていることですが、
知識や情報、知恵を持っている人は強いなと感じます。

知識があることで、
感動を作ることができるのですから。

他にも僕は整体師のようなカイロプラクターの先生と仲良しなのですが、
その先生は、アトピーとかも改善に導くし、
胃をよくしたりとか、
もちろん腰痛などもいい感じにしてくるんですよね。

整体でアトピーとか胃とか意味不明かもですけど、
とにかく凄腕のそんな人がいるんですが、

その人を紹介するだけで、
僕は感謝されて、感動されたりします。

すごい得ですよね。

winwinwinですよ。

先生としては、お客さんを紹介してくれるから利益も出るし、
僕は感謝されて、縁が濃くなるし、
お客さんは体調がええ感じになるわけで、

みんないいぜ。
そして感動だぜ。

といいことづくしです。

そもそもなんですけど、
人を感動させよう!!!

って思ってます?

まずこれは思うところから始めないといけません。

僕は起業家として、
そしてコンテンツメイカーとして、
プレゼンターとして、

感動させるに越したことない。
と思ってます。

いいことばっかでしょ。

そもそも僕自身が感動体験を常に求めているってのもあるし、
感動の人生への影響度を知っているのもあって、
その辺は常に考えています。

感動して、涙が出たりする体験って、
そうそうあるわけではないし、
けど逆それがあったら人生楽しくなるやん?

映画だったら、
僕にとっては、
ターミネーター2とかがそれで、
かなり感動しました。

他にも最近見直した作品だと、
東野圭吾原作の『赤い指』という阿部寛主演のスペシャルドラマとか。

この作品はもう神すぎて、
何度も見ました。

号泣しました。

僕は昔は、
感動とか、涙を流すとかダサいなって思ってたのですけど、

今では良いものがあると、

うおおおアエオdジフォサオhf
みたいに涙を流してます

だって心動いちゃうじゃん。
しょうがないじゃん?

的なノリです。

僕も感動体験をもっと作りたいとか思っているこの頃でした。
そのためにも勉強ですね。

感動を作ってきた先人たちから
盗んでいきまっせ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SbtpdH7FJlV1Lrz1450848379_1450848514
  2. スクリーンショット 2016-09-16 22.53.02
  3. gokiburi
  4. image1
  5. IMG_4250
  6. image1
  1. 分かります!

    「自分のことをきちんと認識してくれた」

    というだけで、かなり感動しますよね。

    人はそれだけ、

    「人から認められたい(単純な認知も含めて)」

    という欲求があるのかもしれません。

    だからこそ、自動化できるネットビジネスでも

    ひとりひとりのお客さんと向き合う姿勢は

    大切だと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの理念と僕わっきーのプロフィール


初めまして、
西脇です。
わっきーという名前でブログを書いてます。

極貧アルバイト生活の状態から起業して、
何もしなくても、
毎月500万円以上の利益が勝手に生まれる生活に変化しました。


全く労働をする必要がなくなったので、
21歳の時はセミリタイアしてました。

怪しいですよね。
怪しいでしょうが、そのような世界があるということを知ってもらいたいのです。

その上で、このブログを読んでもらいたいです。

このブログのコンセプトは、
ヘッダー画像にもありますように

『金時心体〜いざ脱獄〜』
きんじしんたいと読みます。

何だそりゃ?という感じですよね。

説明していきます。

金時心体とは

お金
時間
精神
身体

を指してます。

僕は、その
金時心体の自由度が高い状態を目指して生きています。

つまり、
金銭的な自由
時間的な自由
精神的な自由
身体的な自由

この4つの自由度を上げていくというのが今現在僕が人生をより満足にしていくためにやっていることです。

お金もなくて、友達もいなくて、自信もなかった僕がどうなったのか?

もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。

金時心体理念物語

わっきーのおすすめ教材まとめ

初心者用コンテンツ

ブログでは聞けないyoutubeチャンネル

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。