人生でマットレスだけは絶対に買えと言いたい。僕が優先するのは情報パソコンマットレスの順番

Pocket

・仕事をしている時間と同じくらいに誰でも長いのが寝具
・特にマットレス。枕と布団よりも影響力がやばい。てか枕と布団は買わないでいい。金持ちだけでよし。
・腰痛が治ったら最強に良い
・睡眠時間がそれで毎日1時間でも減って、疲れが取れたらQOLが最強に上がる
・僕がもしお金が全然なくなってもパソコンの次にマットレスを買うくらい大事
・ちなみに枕は金稼いでから買えばいい。マットレスだけは10万かけるべき。
・作業用の椅子よりもマットレスが優先順位高い。
・一度寝たら戻れなく成る。それがマットレスである。
・ちなみにおしゃれなベッドフレームは買わないでいい。金があったらくらい。引っ越しの時も超邪魔。
・僕のお勧めするのはたためるから最悪自家用車で運べるくらい楽。
・いや本当にマットレスだけは、買った方がマジでいいと思う。だって寝ている時間だよ。大事すぎる。
・僕はもう完全に昔のには戻れない。
・仮に10万で高くても2年で月換算したら、月5000円も行かない。じゃあよくね?と思う。
・利息払ってでもマストアイテム。元気になってなんぼ。最も費用対高いと思う。
・寝床が変わって元気に成るだけでビジネスも元気に成る可能性高い。てか元気のデメリットがない。
・あとマットレスは絶対にセミダブル以上。女性で小さくてもシングルだと寝返り打てないから全然違う。
・よほど困ってない限りは部屋の広さにもよるけどダブル。とにかくセミダブル以上。
・あと柔らか系のマットレスは沈むから気持ちいいんだけど、気持ちよさと疲れの取れ具合は真逆という僕の持論。および数十件の検証。故に高反発系。オススメは西川。近いのはフランスベッド。
・柔らかいと沈む。沈むと寝返りにエネルギーを余計に使う。沈んでいる分寝返りを打つときに坂を登っている状態になる。だから疲れる。
・50万くらいのシモンズ買ったけど、沈みすぎて微妙だった。入眠気持ちいいけど、起きる時辛い。悲しみ。
・大塚家具がレガリアっていう200万くらいのを出しているけど、それもおそらく微妙。入眠は最高すぎたが、腰には悪そうだし、疲れる。
・マットレスはここにトラップがある。高反発というのは入眠にそこまで感動がないので、売れにくい。低反発柔らか系は家具屋とかで体験すると、感動する。それを信じて買ってしまう。だが毎日寝ると、ん?となる。
・1日ゴロゴロも入れると、寝床に8時間いると換算すると、それが5年で買い換えるとしても、1日のQOLをあげるのに、10万を5年で割ると10万÷365÷5=55円である。
1日55円で快適になる。
それだけ仕事もプライベートもデートで女の子来た時も疲れが全然違う。買わないのありえん本当に。



というわけで、腰痛持ちだったのもあり、意味不明なくらい寝具研究しました。
あと、マットレスを売る仕事もしていたので、その時も相当調べた。
ちなみに西川からはお金もらってません。回し者じゃないです。




そんな感じ。笑

下のを買っておけば良い。ただ一応弁明すると、向き不向きもある。だが、向いている向いてないかを調べるためにも人生において買えばいいと思う。大きく分けると高反発と低反発しかないから。2個調べれば大枠終わる。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<
Pocket