監視カメラとオリンピックと情報共有

Pocket

こんにちは、わっきーです。

最近読んだコラムで面白かったのが、

監視カメラの市場の市場が伸びている。
ということ。

2015年で400億円の規模らしくて、
2018年には、500億を超えるだろうなという見込みで、

これはオリンピックの影響でして、
外国人が日本に大量に来るから、
それのセキュリティ対策で伸びているとのこと。

つまり、
外国人増える
→セキュリティ需要が上がる
→監視カメラが儲かる

という構造。

で、ここまでは、すぐにわかる。

ステージが上がると、

こういった情報から何を抜き出すべきか?
と考えていく。

そもそも監視カメラってなんだ?
これを掘っていくと。

写真、画像、映像。
つまりデータですね。

で今は、インターネットが発達しているから、

そのデータを「共有」することができるわけです。

監視カメラで撮ってきたデータを
一瞬で世界中で共有することができる。

そうなってくると、
セキュリティは高まっていくし、

実はマーケティングにも情報が活かせるようになる。

ネットの本質は、
移動コストを下げることであり、

一瞬でデータが、現場から本部に上がってくるのはでかいわけです。

この情報共有コストを下げるってのは、
未だ企業がやってない部分なので、
もっともコストを下げやすかったりします。

カメラによるマーケティングもできる。

例えば、
スーパーがカメラを置いて、
客の行動パターンや棚の陳列、
店員の働きぶりを分析して、
それに合わせてマーケティングを仕掛けていくこともできる。

これが現場にいなくてもデータが取れるというのが大きいのです。

だって現場の人は、マーケティングがわからないわけですからね。

現場からデータが上がり、
マーケがわかる人(これもあまりいませんが)
が戦略を組んでいく。

こんなことを妄想してました。

おそらく一般的には、
監視カメラ=セキュリティ
ですが、

これを掘って。
セキュリティ=情報開示

と考えれば、
いろいろ応用ききますよね。

情報の移動コストがネットによって下がっている。
これのやばさってのをいろいろな人と話していると、
まだ肌感覚で感じることができている人は非常に少ない気がしますね。

だからこそ、
インターネットは、
10年前からそろそろ美味しくなくなるとか言われてるらしいですが、
インターネットは未だに美味しいですし、
中小企業もネットをうまく使いこなせてません。

応用力が高いような情報というのが、
世に少ないというのが問題ですけどね。

逆に身につけたらとりあえず、
小さなビジネス(年の粗利3000万くらい)
だったら簡単に作れるよなあ。

と思いました。

こういった妄想が僕は大好きです。

早速面白いことを思いついたので、
リサーチしてみようと思います。

リサーチして面白ければ、
提案すれば通りそうです。

今日はこんなもん。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 完璧主義は撤廃しろ。
  2. hhdd
  3. g2x85ZCbYejLbfW1471961430_1471962300
  4. image2
  5. VBFDJ1eHCy7X8Su1459677210_1459681146
  6. us4GHarKWoHURj01466322089_1466322203
    • hiro.F
    • 2016年 5月24日

    レジポスというのは、
    ただ単にお金の出納をつけるものでなく
    性別年齢購入した品目から数までデータとして本部で集計されている。
    ましてやポイントカードでの囲い込みの中では
    どこの誰かどこで買ったこともデータ集計されている。
    そこにカメラをリアルタイムで使用する組み込むと
    更に色々と仕掛ける事ができる。
    無限に広がるビジネス。
    カメラといえば、
    監視カメラ、防犯カメラという固定観念で考え、
    セキュリティやきちんと仕事をしているかと監視する?(ブラックな会社でよくしていたりしますが…)などや
    カメラの性能が思い浮かぶ堅い頭に
    ビジネスに転換する発想。目からウロコでした。
    今年の自分のテーマは固定観念や思い込みで物ごとを見るのをやめよう!というのがあったりする中
    まだまだでした。
    ちょっとのヒントで無限に広がる発想はさすがですね。
    想像するだけで楽しくなります。

    今回も色々と気づきや学びがありました。
    ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの理念と僕わっきーのプロフィール


初めまして、
西脇です。
わっきーという名前でブログを書いてます。

極貧アルバイト生活の状態から起業して、
何もしなくても、
毎月500万円以上の利益が勝手に生まれる生活に変化しました。


全く労働をする必要がなくなったので、
21歳の時はセミリタイアしてました。

怪しいですよね。
怪しいでしょうが、そのような世界があるということを知ってもらいたいのです。

その上で、このブログを読んでもらいたいです。

このブログのコンセプトは、
ヘッダー画像にもありますように

『金時心体〜いざ脱獄〜』
きんじしんたいと読みます。

何だそりゃ?という感じですよね。

説明していきます。

金時心体とは

お金
時間
精神
身体

を指してます。

僕は、その
金時心体の自由度が高い状態を目指して生きています。

つまり、
金銭的な自由
時間的な自由
精神的な自由
身体的な自由

この4つの自由度を上げていくというのが今現在僕が人生をより満足にしていくためにやっていることです。

お金もなくて、友達もいなくて、自信もなかった僕がどうなったのか?

もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。

金時心体理念物語

わっきーのおすすめ教材まとめ

初心者用コンテンツ

ブログでは聞けないyoutubeチャンネル

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。