福祉的経営の本を読んで思ったことと教えることの重要性

Pocket

こんにちは、わっきーです。

福祉的経営に関する本を読んでみて、
思ったことを今日はシェアしますね。

福祉的経営というのは、
簡単にいってしまえば、
障害者をどうやって雇用して、
きちんとビジネスに活かして、
マネタイズしていくか?

ということです。

障害者の現状の賃金は、超安いです。
正確に言うと、賃金ではなくて、
工賃と表現します。

工賃は、最低賃金などの基準がなくて、
時給100円を切っています。

月収で10000円前後ということです。

なかなかひどい状況だなと思いましたし、
だからこそ福祉的経営という考え方は、非常に重要度が高く感じました。

で、安い工賃だけど、
高付加価値のビジネスにその人たちを組むことができれば、
付加価値が高くなるから、もっと工賃を払えて、
経済まわるじゃん。

という考えが大事になってきます。

つまり、健常者よりも、
仕事が通常ではできない場合が多い障害者に対して、
付加価値労働をさせていくということです。

そうすることで、
経営がまわるから、給料を払っても平気になるわけです。

そもそも福祉の考え方として、大事なのが、
「ノーマライゼーション」です。

つまりは、
健常者と障害者の差をなくしていくということです。

じゃあそのためにどうするのか?
というと、

障害者がたくさんいる職場に、
健常者も同じの数以上の人を使うというものです。

普通の職場だと、
障害者20に対して、健常者2とかなんですが、

それを福祉的経営では、
障害者20に対して、健常者25とかにするわけです。

そうすることで、
健常者のレベルに障害者たちが引っ張られます。
つまり全体のレベルが底上げされます。

健常者は教えることで、指導力も上がり、
経営力も上がって良い経験が踏めます。

で、障害者のレベルもどんどん上がります。

で、レベルが上がってきたら、
健常者が抜けても、そのレベルが維持されますから、
障害者だけでもレベルの高い労働環境が達成されるわけです。

このハイレベルの人が、
下を引っ張る構図は非常に応用が利く概念だと思ったし、
自分がコミュニティをやるときに、超使えます。

コミュニティというのは、
いわゆるコミュニティビジネスに限りません。

会社組織もコミュニティです。
というか人が集まったらコミュニティです。

進学高の生徒が難なく難関大学に行けるのは、
上が下を引っ張るからです。

進学校では、
わざわざ先生が生徒に教えなくても、
生徒同士で教えあいます。

そうすると、教えるほうも、
教えられるほうもレベル上がります。

福祉的経営でも同様の状態が起こります。

人に何かを教えるというのは、
実はかなりレベルが上がる行為なのです。

だからこそ、
僕はインプットだけではなくて、
アウトプットしまくってくれ。
と声を大にして言い続けています。

で、教える人がいる場所には、
良い情報がどんどん集まります。

教えあうことで、
全体のレベルが上げられて、
どんどん集まってくる情報のレベルが上がるのです。

そうなってくると、
勝ち戦状態になります。

現代は、ITの技術が発達していることで、
ネット上で人に教えあうことができます。

僕もメルマガやYoutubeを通して、
たくさんのことを教えてますよね。

結果全体のレベルが上がるのです。
もちろん僕のレベルもどんどん上がります。

セミナーしたり、
企業の研修したり、
コンサルしたりするので、
ますますレベルアップしますし、

人に教えまくっているので、
僕のところには、
情報が超入ってきます。

情報持ちは金持ちになりさらに情報持ちになる。
この原理が発動して、どんどんお金も増えるわけです。

人に教えるためには、
教えてもらう側の姿勢も大事になってきます。

そこで感心したのは、

障害者の方というのは、
健常者の世界に行きたい。
つまり普通に見られたいという願望で、
仕事に対するモチベーションが高いです。

だから素直に聞いて、真面目に取り組むのです。

これとてもいいですね。
かっこつけてないし、
等身大で成長を表現していく。

非常に真似しなくてはいけないマインドセットです。

真面目で素直だからこそ、
能力は、健常者に劣っている場合が多いけれど、
それを教育で突破できれば、
給料も安くて良いし、非常に良いビジネスモデルを組むことができます。

その際に、障害者の味方になるのは、
パソコンのIT技術です。

パソコンの作業というのは、
マニュアル通りやれば、
誰がやっても同じような結果がでます。

本当に便利ですよね。
こうやってネットやパソコンが、
前に向かおうとしている人を助けていく。

しかもそれが生産的な世界への第一歩になるのは、
マジでいいです。

実際コミュニティ運営は、
明らかにネットのレバレッジを使って行ったほうが楽です。

僕がコンサルでよくやるのは、
情報共有の仕組みを作ることです。

言った言わないのミスが出ないように、
そもそもマニュアルを社内で共有するようにして、
エラーが起きたら、対応策をすぐに共有するようなシステムを構築する。

そうすることで、
無駄な労働を削減することができます。

これもITのおかげです。
結局仕組み化・システム化(応用版)ですね。

福祉的経営というのは、
ITのリソースと
人が人に何かを教えると、
全体のレベルが上がるという
特性を活かして、

障害者と健常者の差をなくして、
高付加価値のビジネスを展開していくための考え方である。

それを学びました。

友人のコンサルタントに、
福祉の考え方は非常に学びになるぞと言われて、
あまり乗り気ではなかったけど、
勉強してよかったです。

超勉強になりました。
早速自分のビジネスやコンサルに活かしていきます。

追伸

外注さん同士が教えあう仕組みを作るのは、
面白いかも。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<
Pocket