福岡に先輩の経営者さんに会うためにいってきます。フットワークの軽さは成長理由。

Pocket

明日から、ある方に会いに福岡に行ってきます。
一泊二日の旅です。

いやー、2年前に慶應に入学したときには、
こんな日本中を飛び回る生活は夢にも思いませんでしたね。

大学に入った頃は、サークル活動は楽しかったんですけど、
サークル以外何もしてませんでした。
授業も出ない。バイトもしない。
たいしたことやってないくせに留年さえしかけました。
というのは、大学つまらなかったんですよねー。
大学の友達と飯に行ったりするのは、楽しいんですけど、
大学そのものがつまらなさすぎましたね。
受験生時代に期待しすぎてしまったのもありますが笑

それに対して、

起業独立の世界に足を踏み込んだら、非常にやりたい事が増えました。
いくらやってもやり足りないという世界に非常にわくわくでしたね。

当たり前なんですが、勉強してもしても上には上が居る。

これが単純に楽しいです。
自分の知的好奇心がくすぐられるというか、
新しい知識を得たり新たな経験が出来るのが楽しいですね。

いやー自分がこんな成長したいと思う日が来るとは、
成績がオール1だった中学の時の自分には信じられませんね。

親にも超びっくりされますね。

「活字恐怖症だったお前が文章書いてるの??」みたいな笑

自分でもびっくりですが、これからもどんどん新たな事していきたいと思います。

そんな意味も含めての明日からの福岡です。楽しみだー。

10年経ってもフットワーク軽く生きていきたいなー。

ビジネスやる前とビジネスやってからは僕は本当に変わりました。
元々は僕は文章を書くどころか、読むのもできませんでした。
ビジネスやって本当によかったなと思います。
ビジネス2年やって学んだものと金銭的困窮からの脱出



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<
Pocket