病院の待ち時間だけで経営は変わる

Pocket

こんにちは、わっきーです。

以前病院に行った時に
超待ち時間が長かったので、

個人的にイライラしたというのもあるし、
これって社会的に不毛な時間だな〜と思ったので、
書き連ねようかと思う。

僕は朝起きたら39度の熱を出していた。

起きた瞬間からわかる。
関節痛と頭痛。

喉の痛み。

風邪だ。

まず思うことは関節。
動けん。。。。。

飲み物を取りに行かなくては。。。

と完全にくたばってましたが、

どうしても外せないようが次の日にあったので、
病院に行きました。

関節バッキバキになりながらも
玄関まで行って、
自転車にケツを乗り上げて

内科までゼーハー言いながらも行きました。

で病院内に入って、
やたら人がいるなと思って絶望。
早くこれは回ってこないな。。。と。

で、
「 熱は何度ですか?」

と聞かれた。

「39度です」

と答えたら

なんか狭い部屋に隔離。

で、あほみてーに、
硬いベンチしかないので、

あまりに死にかけてたので、
座って待てずに、

横になりました。

「20分ほどお待ちください」

と言われ。

待っていた。

けど全然20分じゃ終わらねえ。
結局50分くらい待たされた。

財布しか持っていかなかったから、
何もできねえ。

だからひたすら
会話を聞いていた。

で、先生の診察している会話が聞こえたんだけど、

異次元なくらい話すのが遅い。

「へんとうううせんがあああはれてますねええ」

とかいってて、
イライラが最高潮に達していた。

で、他の患者もイライラしまくっていた。

だってマジで遅いんだって。
遅すぎるんだって。

硬いベンチで寝っ転がってたので、
腰がむしろ痛くなった。

で、抗生物質だけもらう診察にまたもやなぜか15分もかかった。

話すのが死ぬほど遅いんだって。

で、医者の先生が遅いから、
看護師も遅い。

全体に遅いペースが波及している。

結論としては、
めちゃくちゃ不満足な形でその日の診察は終わった。

そして帰って寝た。

で、意見をここから述べたいと思う。

まず遅い。
遅すぎる。

これ病院経営的な視点からしたら、
遅い→早い
にするだけでも売り上げも死ぬほど変わるし。

満足度も超上がる。

もちろん、診察に時間をかけた場合もいい場合もある。

だが、町の内科にそれは求められてない。

日本人の価値観として
努力を評価する価値観があって、

時間をかけることが善という文化がある。

だからこそその先生は、
時間をかけることで満足感を得ているんだろうなと感じた。

長時間だけ無駄に話すことは意味がない。

プライベート的な要素が強い場合は、
無駄なコミュニケーションが必要かもしれないし。
それは僕も否定しないけど、

病院という速度が重要視されている場所において、
鈍いのは経営的にも医療的にもあかんでしょ。

実際僕は超イライラだったし、
症状も悪化した。

この時間をかければ、
いい人。みたいな文化まじでよくないと思いますね。

時間をかけないとできないことは、
時間をかけてもいい。

むしろそれは推奨する。

けど、かけなくてもいいことにたいして無駄にかけても意味はない。

時間がかかるなら時間短縮の術を得ればいい。
学べばいい。

そっちのほうが確実に生産的。

作業しているとわかるけど、
長くするよりも削るほうがよほど難易度が高い。

削る。
長時間ダラダラと話すのではなくて、
15分で超感動させるとかね。

これできたらすごいよ。

このためには、
人の行動原理とかを学ばなければいけなくなってきて、

僕の場合は、
宗教や行動経済学、心理学などを学んでいる。

ま、今日言いたかったことは、
だらだらやるんじゃなくて、濃い時間を過ごそうぜ。

ってこと。

だらだらの1時間ではなくて、
濃い5分を得る努力をしましょうよ。

というね。

実際この病院だって、
遅いを早くするだけでもめっちゃ変わる。

だって早く診察されたいもん。
病院って待ち時間みんな嫌いじゃん。

実際ある歯医者にアドバイスしたけど
pdf3ページのマニュアルを導入しただけで
圧倒的に速度変わった。

そして、何より雰囲気が変わった。
病院内の情報の共有が円滑になったし、
伝達も早い。

だからストレスがすごく減って、
笑顔になって、
患者さんも笑顔になって言うことなしや。

マニュアルの作り方がわからないなら学べばいい。

マニュアル作りを学ぼうとすると、
教育力を上げていかなければならなくなって、
教育しようとすると、
心理学的な部分も応用しなくなって、
いろいろ連動はするんだけど、
マニュアルを上手に作れるだけで、すごい価値。

そういった1つ1つの歯車を変えるだけで
大きな仕組みはちょっとずつできてくる。

仕組みの全体像を理解して
歯車を作っていく。

病院経営でも
飲食店でも

なんでもそれは成立する。

今回は
「速度」という観点から

対象を見たけど、
いろんな角度から観れると思う。

自分のフィルターをもって、
日常世界でいろんな角度で分析するのも楽しい。

ぜひ推奨する。

僕が昔やってしまっていた儲けとは無関係な無駄なものを紹介しています。
僕が昔やってしまっていた儲けとは無関係な無駄なものを紹介しています。

ps.
普段だったら、風邪引いただけだったら、
少食にして寝ているだけなんですけど、

セミナーがあったために、
急遽抗生物質で治そうとしました笑

基本僕は病気は睡眠と少食で直してます。
あとは普段の免疫力を上げてますね。

1日1食を目指せば、全てがよくなる。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image1
  2. ビジネスアイデア
  3. kUSrdBnasjamMk11478951521_1478951584
  4. 42134880
  1. どうも、はじめまして。
    ツートンと申します。いつもブログ・動画を見させていただいています。
    今回のタイトル、見た瞬間に超共感しました!
    病院での待ち時間。
    おっしゃる通り、時間をかけないといけない分野も存在するでしょうが、
    病院サイド、待たせて当たり前
    患者サイド、待って当たり前
    のクソ常識が蔓延していると思います。
    僕としては携帯ショップも人を待たせ過ぎだと思います。
    携帯ショップ待ち時間120分とか、やる気あるのか?疑ってしまいます。
    記事に出てきたわっきーさんが指導した歯科医の3ページのPDFの内容がすごく気になります。
    それらをもっと世の中に普及させて待ち時間を殲滅させてほしいです(笑)
    待たせる側は待たせるということは人の財産を奪っていると考えなければいけないと思います。
    すいません、わっきーさんよりエキサイティングしてしまいまして…
    いつも楽しく学ばせていただいています。お身体には気を付けて頑張って下さい。

    • たけし
    • 2015年 8月16日

    日本の会社だと、定時に来てバリバリ仕事して定時に帰る人よりも

    会社でダラダラと仕事して、夜遅くまで仕事をしている人の方が

    同じ仕事量をこなしていても後者が評価される。

    時間をかけることが大事だと思ってるんですよね。

    だから、時間がなくなって精神的に裕福になることがない。

    効率を求めると、サボりだとかいう謎の反発。

    日本人は非効率的にやるのが好きなんですかね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの理念と僕わっきーのプロフィール


初めまして、
西脇です。
わっきーという名前でブログを書いてます。

極貧アルバイト生活の状態から起業して、
何もしなくても、
毎月500万円以上の利益が勝手に生まれる生活に変化しました。


全く労働をする必要がなくなったので、
21歳の時はセミリタイアしてました。

怪しいですよね。
怪しいでしょうが、そのような世界があるということを知ってもらいたいのです。

その上で、このブログを読んでもらいたいです。

このブログのコンセプトは、
ヘッダー画像にもありますように

『金時心体〜いざ脱獄〜』
きんじしんたいと読みます。

何だそりゃ?という感じですよね。

説明していきます。

金時心体とは

お金
時間
精神
身体

を指してます。

僕は、その
金時心体の自由度が高い状態を目指して生きています。

つまり、
金銭的な自由
時間的な自由
精神的な自由
身体的な自由

この4つの自由度を上げていくというのが今現在僕が人生をより満足にしていくためにやっていることです。

お金もなくて、友達もいなくて、自信もなかった僕がどうなったのか?

もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。

金時心体理念物語

わっきーのおすすめ教材まとめ

初心者用コンテンツ

ブログでは聞けないyoutubeチャンネル

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。