負荷をかけた話、そういえば何もできなかった。

Pocket

わっきーです。

自由すぎて、何もやる必要がなくなった。
成長してもしなくても、困ることはないだろうなというレベルの金額を手にした。

しかもビジネスの仕組みを持ってるから、
利益は定期的に出る。

金これ以上稼いでも使わないしな、、、
そんな感じの日々を過ごしていた。

やる気でねえ。

しかし、そんな時に、何と無くに、
改めて尊敬している人の文章に触れた。

僕はその人との差を思い知った。

追いつきたい。
追い越したい。

俺ももっと頭を鍛えたい。

目標をお金を稼ぐことではなくて、
稼ぐことを通して自分のスキルを上げることにした。

結果金超稼いじゃえ。的なノリだ。

1日にやることがなくて、
何の仕事もせずに家に引きこもっていた生活から、

仕事をする日を作るようにした。

1日中文章を書きまくる日を作った。
1日で1万字を週に2回はマストにした。

そうすると、明らかに脳みその免疫力が上がった。

今まで1週間かかっていたものが6時間程度でも終わる感覚を得た。

この6時間に普段とは明らかに異なる負荷がかかっていた。

終わった後は、
脳みそが疲れてパンクしている。

だが仕事が楽になった。
今まで10キロが大変だったのに、20キロで修行することによって、
10キロは楽勝になるようなものだ。

負荷をかければかけるほど、
人はどんどん強くなるし、
意外とすぐに変われる。

金稼ぐ程度なら、
大した負荷は必要ないが、
その上の世界を目指すために、
どんどんこれからも負荷をかけていこうと思う。

負荷には大きく分けて二週類ある。

知らない負荷(量の世界)
知っているけどハードルが高い負荷(質の世界)

知らない世界を知るのは、負荷がかかる。
僕は化粧品会社の開発とマーケティングに関わっていたが、

化粧品のことを最初に知るのは骨が折れた。
化粧品知らんし、
しかし知ってみたら大した負荷ではなかった。
知らないだけ。

逆に、
セールスレターを書いたのは負荷がかかった。
やってみたらそこまででもなかったけど、
やる前は大変だと思っていたし、
実際にやったらかなりレベルが上がったのを感じた。

文章を書く時の質は明らかに上がった。

負荷をかけると、
他が楽勝になるし、
勉強する時もガンガン負荷をかけるべきである。

本当に最初だけなのだ一番辛いのは。

筋トレで負荷をかけないと、
筋肉がつかないように、
脳みそも新たな情報を突っ込んで鍛えなければならない。

それをやることで、
次は楽勝になってくる。

最近テニスをやっているが、
最初の練習では、
頭は痛くなり、腰は痛くなり、腕も足も動かなくなった。

次の日は、
ぶっ倒れた。

何もできねえ。

運動不足の人間がいきなり運動をするとこれである。

だが今は、
筋肉痛にはなる気配すらないし、
運動した後に飲み会してから、
家で仕事まですることができる。

たいていの仕事には慣れるのだ。

負荷をかければどんどん慣れていく。

僕は浪人生の頃、
茨城の田舎で自宅浪人生活を送っていた。

勉強するくらいしかなかった。
その勉強さえも大してしてない馬鹿野郎だったが、
それは置いておいて、

田舎すぎて、
若い女子が超少なかった。

というか若すぎるか、
ばーさんすぎるかの二者択一状況だった。

小学生かばーさんか。
というノリだった。

だからこそ、
模試で前の席に女子が座るだけで、
「女だ!!!!!」という状況になった。

模試の会場は池袋だった。
当然女はいた。

前の席の女の子が、
問題をくれる時に軽く手が触れて、
超舞い上がっていた。

「手触れたから前の子意識してないかな?」
と。

超絶にキモい。
冷静にそんな女子は存在するわけがないし、
もしいても相当やばいやつだろう。

だがそれ以上にやばいのが当時の僕で、
女子に慣れてなさすぎてやばかった。

慣れる慣れないの前に、
3次元にいる女子がいなさすぎて、
もはや空想の生き物と化していた。

大学に入って、
周りに女子がいた。(当たり前)

マジで緊張しまくりだった。
久しぶりの女子との会話で、
まいあがりまくる。

マジで気持ち悪かった。

だがだんだん慣れていった。
最初は負荷がかかっていたけど、
慣れる。

化粧品会社で美女にインタビューする仕事もあった。
毎日のようにその時は美女と絡んでいたから、
超慣れた。

本も昔は読めなかった。
タイピングもできなかった。
パソコンのキーボードを見ながらタイピングをしていた。
ブログも投稿できなかった。
プレゼンもできなかった。

全部負荷をそこそこに最初はかけた。

慣れた。
大変だったことなんて忘れてしまった。

つまりその程度のことということである。

人間慣れる。
負荷をどんどんかけていこう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<
Pocket

3 件のコメント

  • こんばんわ、むとんぬです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    「手触れたから前の子意識してないかな?」
    と。

    超絶にキモい。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    この部分クソほど共感しました。
    高校の頃からそんなんなんで僕も超絶にキモいです。
    初見の女の子と話すための免疫鍛えたいです。

  • 負荷を掛けることは重要だと思います。

    ある程度のことを学んでしまうと

    自分にはもう学ぶことはないと高を括ってしまいますが、

    実際はまだまだ知らないことだらけだったりします。

    自分はいかに何も知らないかということを

    常に意識して謙虚になることで

    成長できるチャンスを逃さずに済みます。

  • 確かにそのとおりですね。
    わっきーさんのブログを毎日一つでも読んで刺激と負荷を
    かけています。
    来週にもパソコンを購入予定ですが今、一歩ずつアフェリエイトのことを学んでいます。最初はわからないことだらけでしたが少しずつわかるようになってきました。
    これもわっきーさんの記事にふれることによって
    新しく知るのことのできた世界です。
    本当にありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です