東京喰種の挿入歌が良すぎた『grassy sky』|歌詞の和訳全訳と意味

Pocket

こんにちは、わっきーです。
最近ある曲にハマってまして、
なんどもリピートしまくっております。
それがこの曲

東京グール(東京喰種)の挿入歌
『grassy sky』

めちゃくちゃ良い。
こんな感じの透明感のある音楽好きなんですよね。

東京喰種の挿入歌の名前

東京喰種の曲が超良かったと思って、
調べたら
『grassy sky』
という曲名でした。

grassy skyの和訳

歌詞の和訳は下記です。

How many days have passed like this
どれだけの日がこんな風に過ぎていったんだろう
This city’s cloud is fading, moving on
街の雲が消えていったり、動いていたりするのを眺める
I sometimes have wondered where you’ve gone
そして私は時々、あなたはどこへ行ってしまったんだろう、なんて考えることがあるの
Story carries on, lonely lost inside
物語は続いて、そして寂しく消えていく…

I had this dream so many times
何回もそんな夢を見たわ
The moments we’ve spent have passed and gone away
そして私たちが過ごした瞬間は過ぎ去って行ったの
Could there be an end to this
終わりはあるの?なんて
What I am feeling deep inside
私はそう思っているの
You know there’s no looking back
振り返ることはできないってことは知っているでしょう

Glassy sky above
私の上にガラスのような空が広がっているの
As long as I’m alive
私が生き続けるかぎり
You will be part of me
あなたは私の欠片
Glassy sky the cold
冷たいガラスのような空が広がっている
The broken pieces of me
壊れた私の欠片

The mystery of it I recall
私は不思議なことを思い出したの
Suddenly the truth will change the way we fall
突然、真実が私たちの日常を壊して、私たちは崩れる
I didn’t wanna hurt you, hope you know
私はあなたを傷つけたくなかった、知って欲しかった
Empty promises, shattered dreams of love
空虚な約束は、私たち二人の夢を粉々に破壊した
Sometimes I wonder what’s beyond
時々、死後の世界ってどんなものなんだろう、なんて考えるの
I tried many times to make it up to you
私は何回もあなたと元通りになろうって努力したわ
Can somebody tell me what to do?
誰かが私にどうすればいいかを教えてくれるの?
Thought we’re meant to be
私たちは生きることで意味を持てると思うの
There’s no going back
戻ることはできないわ

Time has already come
時はもうやってきたわ
Sun is gone and no more shadows
太陽は沈んで、果てしない影、闇が広がる
Can’t give up I know and this life goes on
諦められないことを私は知ってるし、人生も終わらない
I’ll be strong…I’ll be strong ‘til I see the end
だから強くなる、強くなるわ、終わりが来るまで

Glassy sky above.
上にはガラスのような空が広がっているの
As long as I survive
私が生き残る限り
You will be part of me
あなたは私の欠片
Glassy sky the cold
冷たいガラスのような空が広がっているの
The broken pieces of me
壊れた私の欠片
Glassy sky above
上にはガラスのような空
It covers over me
それは私の上に広がっている
Over me
広がっているの

和訳して歌詞を理解することで聞く時の気分が変わる

歌詞を読み込んでおくことで、
聞いている時の情景がかなり変わってくるので、
こうやって理解度を高めておくのは好きです。

この曲の場合は、
東京喰種の挿入歌ですので、
その時の描写も紐づけられています。

こうやって1つの曲に対して情報をどんどん紐づければつけるほど、
聞く時に楽しめます。

こうやって人は解釈によって各々の事象に対して
異なる感情を抱きます。

同じものを見ていても、
違う景色を結果的に見ているというのはよくあることです。

本を読んだり、
曲や歌詞のようなクリエイティビティ溢れるものに触れることで、
より経験が蓄積されて、
どんどん創造力は高まっていきます。

非常の楽しい。

曲の解説とかやるとおもろいっすよ。
僕もyoutubeでやっております。

例えばzardのマイフレンドという曲


おかげさまでチャンネル登録者も9000人超えました!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<
Pocket