コスパいいことしてるかもだけど、その時間もっと人生濃くすることはできないのか?

Pocket

わっきーです。

『コスパいいことしてるかもだけど、その時間もっと人生濃くすることはできないのか?』

なぜこの記事を書こうと思ったかというと、時間の密度をもっとあげたいなと自分自身にも思ったからです。

ことの経緯としてましては、本日テニスの元女子プロにプライベート指導をしていただいたのがきっかけです。
結論めっちゃ良かったです。

で、その方は、女性なんですけど、パワーがないからこそ、戦略を使って、相手の嫌がることをひたすらにやってました。

それを何個か教えてもらう感じでした。

で、結論簡単にめっちゃパワーUPしました。

これはテニスの一例なのですが、プロに頼ると、自分が考えるよりもずっと簡単に思考が進化します。

でこの時にお金がかかりますよね。

じゃあこれを自己流で考えるとしましょう。お金はかかりません。けど、おそらく思考は進化するのは遅いです。

これを10年単位で比べるとえげつない差が出ます。

例えば、今から1時間筋トレするとしましょう。1時間だけ、筋トレタイムが許されるとしましょう。

選択肢は3つあります。
①家からジムに行く時間がめんどくさいから、1時間家でトレーニングをする。
②ジムに片道10分(往復20分)かけて40分トレーニングをする。
③ジムに片道10分(往復20分)かけて40分パーソナルのトレーニングを受ける。

さて、どれが一番効率よさそうですかね?
①はそもそも1時間フルタイム使えますかね。なんかだらだらしそうですよね。
②は、40分しかないけど、①より追い込めそうじゃないですか?
③は、ぶっちゃけ嫌ですね。けど、まあ成長するでしょうね。うん。③足りないよね。

って話なんですよ。

③に行くにつれてお金がかかります。けど時間密度は高いわけです。


この③の体験をどんどん増やそうと思って、僕は行動してます。

結果として、周りにプロの人がどんどん増えていきます。だから、仲間みたいな人もどんどん増えていきます。

僕は、インターネットビジネスでいろんな事業を作って、どんどんお金と時間に自由になりました。

1つは女性向けの恋愛系のサービスを一昨年に作りましたけど、これも億単位の利益になりました。
他にも様々な事業をパソコン1台で作りました。


で、結果ぶっちゃけ超暇になりました。金と時間が大量にあるニートみたいなやつの出来上がりです。

25、26の時の失敗は、ここでもっとお金を使わなかったことですね。

金をもっとバンバン燃やして、周りに人を増やしたりすべきでした。

ここで、反論としては、お金かけなくても、できることたくさんあるじゃん。ってやつだと思うんですけど、
けど大体の場合は、お金かけたほうが早いです。

工夫したり、面倒なことをすれば、お金を使わなくても済む場面はたくさんあると思うんですけど、お金を使えば、一瞬のものは、バンバン使うべきだと思います。

先日、ジャイロトニックという、聞いたことのないマシーンで、ピラティスみたいな体験に行きました。

絶対に課金しないと出会えない世界線でした。おもろいです。数万円を節約して、気合で色々やるよりもお金をどんどん使って、経験を増やしている人は、結果、人脈もノウハウもやる気も増えます。

極論、目的がなくてもいいんですよ。

僕大学生の起業する前の19歳の頃は、1日10時間とか無課金でパズドラをやってました。まじで無駄な時間でした。

そのパズドラは、正直人生になんも意味ないです。10回以上読んだワンピースを暇でやることないから、読み返すみたいな時間もほぼ無駄でした。

昔の僕に言いたいのは、とりあえず韓国とか台湾とか海外旅行にでも1泊2日で行ってこいということです。

目的?そんなものないんですが、家にいるよりは、脳に膨大な刺激を与えることができます。

最高ではないかもですが、最悪ではないです。

Bestな選択肢を選ぼうとしすぎると、基本人生詰みます。BetterもしくはGoodで十分なのです。


何もしない
YouTubeをだらだら見る
とりあえず寝る
=Bad

だと思ってください。それよりは課金してでもGoodを取りにいきましょう。

あとこれ昔(今もまだまだ)の自分に言いたいのですが、やる気にもっと投資しろよって思います。

一瞬でもいいんです。続かなくても極論オッケーで、やらないよりマシです。脳に刺激が入ります。

例えば、今ビジネスやる気でない。としましょう。そうしたら、誰かのセミナーに行くとかでもいいんです。

一瞬しかやる気が増えないかもしれない。それでもいいじゃないか。って考えにすべきです。

なぜなら、一瞬もやる気が出なかったら、絶対に、永続的にやる気は出ないからです。

もちろん理想は、ずっとモチベーション高く維持できることですけど、それはあくまでBestな選択肢ですから、Goodでもいいでしょって話です。

僕の金持ちの友人はネット系のビジネスをやってるのですが、出不精すぎて、家から出たいがためにルイヴィトンの靴をちょこちょこ買うらしいです。

靴がせっかく届いたら、それを履いて歩きたいから。だそうです。ぶっ飛んでますよね。けど、これも彼にとっては良い選択です。


以前、
頭悪そうなお金の使い方は金持ちの特権だ


という記事を書きました。結論から言うと、
他人から見て、アホなものにもどんどん金を使うべしってことです。

これできない人金持ちでもすげー多いです。せっかくお金持ってるのに、以前の価値観で、生活してしまってます。

年収は3000万円になったけど、5万円の寿司はバカらしい。だって1万円とあまり変わらんやん。

みたいな価値観です。
これも確かにと共感もできるのですが、行ってから言えよ。って話ですね。

ですし、金持ちになったら、ぶっちゃけ5万も10万も変わりません。


ここで相対的な考えを持ちましょうということです。

金あるんだから、まあ、10万くらい誤差やなみたいな思考です。これができると、億越えしがちです。


もっというと、年収3000万(税引き後)とかあったら、1000万円くらい極論競馬に突っ込んでも死にません。

頭おかしい経験が手に入ります。

このマインドです。冷静になってはいけません。

どんどんバカになるべきです。バカになれるのも金持ちの特権です。

また稼げばいいんですよ。金持ちになると、自分の資産守りがちなので、守りすぎると、大体攻めが弱くなって、結果そうでもない存在になりがちです。

それが、一発屋の特徴です。

1億稼いで、1億使える人はクソ強いです。1億円分の経験が手に入りますからね。

ゆーてゆーて500万円も使ったら超いろいろ出来ます。今年収1000万円のサラリーマンなら500とか経験に突っ込めたら最強だろうな。

弾丸旅行とかめっちゃおすすめですよ。とりあえずよくわからんけど、五島列島とか行ってみるみたいな。

これは俺も今後もやりたいと思います。

景気が良い人は自分に対して、
『最近俺守ってね?』と音読して問いを入れてみてください。うわーってなるかもです。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<
Pocket