築地のうに丼食べに行ったらオシャレすぎて焦る件

Pocket

こんにちは、わっきーです。

今日は11時くらいから築地に行って、

うにを食べに行ってきました。

築地のお店が並んでいるところを歩いていたら、

お目当てのお店を発見。

魚河岸千両さんのうに虎喰というお店。

   
    
 こんなとこに店があるのか?

怪しい階段を上りながら店に入ると。

このような看板が見えてきました。

重厚感のある階段は下記追記した記事に書いてあります。 9/23日追記 築地のうに丼行ったら今度はうにの雪崩が起きた件について

   

 

おいおい。。。。

早速うまそうすぎるだろ。

とろうに。

とろとうに。

なんと贅沢な。

うにへの多大なる期待を持ちながら、

メニューを見て、

 

右上に書いてあるうに丼の値段にまずびっくりしました。

8848円?

しかも税別なんか。

高い。。。 

なんとなく値段にビビって、

結局限定10食と書いてあったこともあり、

濃厚うに丼を頼みました。

2380円

早く早くと待つこと15分。

きました。

  

なんだこれは。

最初俺はこんな創作料理を頼んだんだっけか?

と思いながら最初の一口を食べてみる。

え。。。。。。

なにこれ。

うますぎだろ。

まずやっぱりというか当たり前だけど、

うにそのものが超うまい。

うにの専門店だけあって、

きてよかったと思った。

で、このソース見たいのが、

またうまい。

バターが超効いてて、

濃厚の名に恥じないと感心した。

このうにをソースに

つけて食べるのがまたうまい。

米と混ぜて

さらにうまい。

ま、とにかくうまい。笑

唯一の弱点は

半端なく美味しいけど、

濃厚すぎて、胃に重いということ。

食べた後に勉強会に行く予定があったこともあり、

そんなに腹一杯になってはダメなんだけど、
ま、ソースまで飲んじゃったよね。

美味しすぎた。
仕方ない。

案の定後悔。

新橋のルノアールの会議室で勉強会だったのだけど、
築地から会議室まで歩いて、
お腹のキャパシティを復活させることを、
試んだ。

築地から銀座を経由して、
時間が余ったので、
電通のビルを眺めながら、
ここが世界最大の広告代理店かと
つぶやきながら会議室に着きました。

そして、

今日は英単語を勉強する会をやってきました。

ターゲット1900という、
大学受験生お馴染みの単語帳を使って、
コミュニティメンバーに知識をシェアしてきました。

語源を用いて、
英単語を覚えていく勉強法を用いたので、
知識の定着度が単に丸暗記するものとは全く異なるものとなりました。

明日も開催するのですが、
今日の内容が非常に満足度の高いものになったので、
2日連続で、参加者の皆さんには満足して欲しいので。
明日にも向けてネタを仕込んでいかなくては。

そして、
知識はただただインプットしてても
身につかないけれど
アウトプットすると半端のないものになるなと毎回思う。

勉強会の様子はこんな感じ。あんまりわからないけど。苦笑

それが18時頃に終わり、
その後は参加者の方と軽い懇親会。

新橋の焼き鳥が美味しいお店に行きました。

いや、行こうと思いました。
白レバーが食べれるお店があると知り、
それは超うまそうすぎると思い、
そこそこ歩いてお店に着いたところ、
定休日。

日曜日になんで店やってないんじゃーと叫び。

今度は、
またうまそうなレバーが食べれそうな店を
食べログで発見したので、
直行。

キャバクラのお兄さんに、
2980円のキャバクラに誘われまくる中、
無事目的地にはたどり着きました。

が。

また空いてない。
なんでやねん。

「なんでじゃああああああ。
日曜日に経営してくれよ、
なんでやってないんだ?
潰れたのか??」

とまたそこそこ大きな声で吠えていたら、
風俗店から出てきたおっちゃんに、

「おにーちゃん、
新橋で焼き鳥は日曜はやってないんだよ。あっはっは。」

と教えてもらいました。

2店舗ともやってなくて、
はじめて食べログを見るという。

Naverまとめにのってる
お店全部定休日やんけ。。。。

このとき僕は、
定休日チェックだけは先にしておこうと、
学びを得ました。

チョイ不機嫌になりながらも、
歩いていたら、
焼き鳥屋さんを発見。

美味しくもなく、
不味くもない。

いわゆる大衆居酒屋。

そこそこ食べて飲んだつもりだったけど、
2500円ほどになったのはさすがの安さ。

そこで、
お店にいた時に

多分会社の飲み会なのかな?
(日曜日だから謎だったけど、多分会社の飲み会)

12人くらいで来ていた方たちが、
やたらうるさくて、
(大衆居酒屋はうるさいものだけど、その人たちは明らかに異常)

しかも男が女の子に無理やり飲ましているわけだ。
イヤイヤ飲んでた感が半端なかった。

で、
話している内容としては

上司の愚痴。
会社の給料が上がらない。
営業で売ってるのに歩合が出ない。

基本的には、
仕事の文句だった。

「なんで俺はこないだ取引先にそこそこの取引まとめたのに給料上がらねーんだよ。」

みたいなことを言っていた。
それを女性が、うなずきながら聞いていた。

えーと基本的に、
上記の愚痴で語っている内容っていうのは、
会社入る前から分かっているはず。

営業成績が良かろうと、
給料は上がらない。

という当たり前の事実。

それを愚痴っていても仕方ない。

改めて収入を組織に依存しているのは恐ろしいと思った。

この人たちが自分で儲けるスキルを持っていたら、
こんなこともなかったろうに。

確かにネットビジネスを始めて、
最初は苦労するかもしれない。

適切な努力をすれば、伸びるけど、
知識がないと適切な努力もわからないかもしれない。

けど、たかだか、
数ヶ月、1年くらい学んで、
社会構造に巻き込まれずに依存しない人生を歩めるなら僕はこっちの人生を取るなと思ったよ。

ビジネスは1ヶ月でもいくらでもモデルは変えることができて、
赤字から黒字転換することも十分可能だ。

会社員で1度へまやらかして、
出世街道から離れたら、
もうどうやってもあがらないけど、

ビジネスだったら、
いくらでもやり直しがきく。

本当にネットビジネスに出会ってよかったと思う。
起業家経営者独立している人たちの世界は本当に常に前を向いて楽しい。

今日はこんな感じですね。

学びて富てください。

P.S.
うにの記事だけ書こうと思ったら、
大変長くなりました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<
Pocket

1 個のコメント

  • こんにちは、わっきーさん
    これから、わっきーさんのブログ記事を全て読んで
    わっきーさんのライティング能力や、マインドを徹底的に学ぼうと思います。
    この記事がはじめの一歩です(中途半端ですけど)
    愚痴って言ってるその時は、共感が働いたりとかして、
    気持ちがいいんですけど、結局なんの身にもなっていないことがほとんどですよね。
    車を運転できる年齢になってからは、すべての責任は自分にあり、
    ハリポタの作者も言っていました。
    学んでいきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です