世界史の勉強法について動画を撮ってみた。教師に対する思うこと

Pocket

こんにちは、わっきーです。

この記事は、受験生向けの勉強法の記事なんですけど、
国際経済を理解したり、
頭の良さ。いわゆる地頭の良さを上げる。

「抽象度の高い思考」を披露しまくっている動画です。

上の動画ですけど、

なので、受験生のみならず、どなたにでも勉強になります。
けど、まず受験生は絶対見てね。

僕社会科って大嫌いだったんですよ。
まず間違いなく、学校の先生がクソすぎて、
そのまま嫌いになったというあるあるパターンなんですけど、

活字を読むようになって、
知識を得るということが楽しい。

というか因果関係が繋がって、
歴史の人間関係とかがわかってくると面白いんですよね。

世界史だったら、
囲い込み運動ってなんなの?

って思ってたり、
社会主義、共産主義、資本主義。

何が違くて、今はどんな国がその政策を取っていて、
それが実社会にどうやって生きているのかな?

とか考えていて、
勉強するとそれに答えが出るし、

その辺の知識が、
仕事に生きたりするし、
僕の場合は、受験生に受験勉強を教えるのも仕事の1つですから、
密接に実生活に役立ちます。

何より、
わかると面白いんですよ。
歴史ってやつは。

超つまんねーイメージしかないですけどね。

結局考え方の違いで、
クソつまらない先生のせいで、
つまらないものだとされているんですよね。

今の日本の資本主義社会だって、
お茶を飲む文化だって、
歴史を読んでいると、その元背景がわかったりして、
個人的には面白いし、
知的好奇心を刺激します。

歴史上の人物って戦争に関わった人が多いじゃないですか。
そうなると、戦争に勝つレベルの人たちの思考を見ることができるわけですよ。

そうしていると、世の中マジで、すげー奴らがたくさんいるなと思いますし、

昔の人たちから学べることって超多いんですよ。

本屋に行くと、
世界史も日本史も英語も数学もなんでもそうだけど、
受験の参考書がたくさんあります。

けど、それって全部戦術レベルの、
抽象度の低い領域で、

そこ鍛えていても、
一生ただの「量」の人になってしまうんですよね。

参考書に依存して、量やって受かればいいんだけど、
まうからないケースのが多いんですよ。

思考を鍛えるのがマジで大事。

ま、これは全く受験生の時はおぼろげにしかわからなかったし、
だからこそ僕はわかるようになればいいと思って、
動画を作りました。

僕は歴史は、おぼろげでも慶應は受かったし、

僕自身勉強も世界史も日本史も
大嫌いだったからこそ、
結構響く内容になっていると思ってます。

勉強好きな奴っているじゃないですか。
朝から晩まで受験勉強やっているような奴。

あれ僕は全然無理だった。

気分だけはやっていたんですよ。
図書館朝に行って、夜まで帰らない。

みたいな。

けど実際は裸足のゲン読んだりして、
あー俺歴史勉強してるぜ。

とか言ってましたね。
今思えば、全然勉強してねえし、
視点も低いから、
裸足のゲンから情報吸収できるほどの頭が無かったわけですけど、
今は思考力をあげたから情報を抜けるようになったんですよね。

僕という人間は、
思考力というものが非常に低くて、
言い訳しまくっていて、
頭の良い奴は、運がいいなとか思いまくっている人間でしたけど、

まあしょっぱかったですよねw

頭使ってないですもん。

僕は英語だけの成績は伸ばした。
(受験科目の中で唯一英語は思考力を鍛えなくても成績が上昇します。それはある条件を満たしている)

ことによって、
傾斜配点英語マックスの慶應大学に受かりました。

僕社会に出て思いますけど、
やっぱり慶應は使えるって思いますね。

もちろん東大の方がいいし、
東大行ったら偉いとかないんですけど、

東大行くと無条件に頭いいと思われるんですよ。
だから初見の興味を持ってもらう時に得だと思いますね。それはマジで。

得だし、
いろいろなことが許される。

社会って、こう言った学歴とか肩書きってものがなんだかんだ、
「最初」は評価されるんですよ。

僕は、その分野のナンバー1以外意味ないと思ってます。

国立最強の
東大、京大

私立最強の
早稲田、慶應。

まあ正直この辺くらいまでが価値あると言えるんじゃないかな。特に文系は。

ナンバー1ってやっぱりいいですよね。

今日話した思考法を生かしてくれれば、
社会は超絶成績伸びますよ。

てか聞いた人はわかると思いますけど、
伸びないわけねえ。

って思いませんか?

どう考えても伸びるでしょ。
この確信を持って欲しくて、
あの動画を作ったんですよね。

どうせなら、
ナンバー1でしょって話なんですよ。

その分野のナンバー1ならいいと思いますよ。

東京芸大とか、
東京海洋大学とか、
東京外語大とか、

もちろん色々なナンバー1がありますから、
しかし、単に肩書きとか学歴とか初見の印象とかって意味なら、

やっぱり
東大京大早慶は強い。
(早慶は東大京大の前だと学歴で押し切ることができませんけど)

もちろん、
学歴を得たら、次のステージ行かないとダメで、
クソほど遊んで、クソほど学んでクソほど稼ぐってことを大学生の時はやるべきだと思ってます。

ま自分自身、
これってのがでかいですけどね。

あ、あと、
英語の動画とか、受験生のための、
メルマガと再生リストは作ってるから、
受験勉強がへばっていて、
伸びねえなって人はそれを読んだり、見たりすれば、
生活が変化するかもしれません。

まずは、再生リストを見ればいいかなと。

常識破壊的なコンテンツ作っているはずなのでw

てか僕から言わせれば、
教師勉強しなさすぎ。

公務員で首にもならないからって
安堵しているんじゃねえよ。
と言いたいですね。

教師はもっと勉強してくれ。頼むから。

子供に勉強しろとか言う前に、
お主らがやれよ。と。

毎回教職に就いている人見ると思いますね。

綺麗事はいいからさ。
大学に受かるんですかー?
そういった指導ができるんですかー?

と聞きたいです。

教師の役割は、大学受験じゃないって言われたらそれまでなんですけど、
塾予備校の先生でも教えるのうまくなかったりして萎えますね。

教育関係の仕事についているから、
情報共有の場があって話しますけど、

かなり酷い状況というか、
実力を上げないで、
生徒のご機嫌取りをすることを考えているバカとか見ると悲しくなりますね。

生徒も馬鹿じゃないですから。

生徒だって、
授業面白くて、実力ある人にはついてきますよ。
ただただ優しくすればいいと思ってる人は、
僕は教師失格だと思いますけどね。

いずれにせよ。
生徒も勉強ですけど、
教師も勉強。

というか人類みんな勉強しようや。

と思いましたね。

世界史の勉強法は改めてこれです。

で、僕は英語とか受験のモチベーションに関してとかも、
動画を作ってるので、
それが見たい方はこちらから見てもらえるとです。

あと僕の過去の受験レポートをのせました。

わっきー受験過去物語

追伸
受験関連のまとめは、
早慶は簡単だ

にまとめました。

メルマガとかLINE@とか。
その辺こちらから。

以上です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<
Pocket