悔しい時は対処法よりも悔しさを大事にするべきだと思う

Pocket

こんにちは、わっきーです。

いきなりですけど、
悔しい時ってどうしてます?

僕は燃えてます。
クッソオオオオオオオって感じです。

挽回してやるぞ。
見返してやる。

しかし昔はそうではありませんでした。

昔は悔しくなんかない。
あいつと俺では庭が違うからといって、
言い訳をしていました。

あいつはイケメンで、
俺はかっこいいわけではないから、
モテない。
とか。

あいつは金持ちの家柄で、
俺は貧乏の家柄だから、
金持ちになるのは無理。貧乏で頑張る。

そんな感じのことを思いながら生きていました。

けどこれって成長ないです。

限界を自分で決めているから。

僕は20歳の時から起業してます。
人脈ありません。
資金もありません。

ただ勉強して、その知識をベースに起業してます。

僕は大学2年生の頃悔しい思いをしたのです。

だって23歳とかの大学生が超稼いでいましたから。
そりゃ悔しい。

悔しいから俺も追い越してやる。
そんな感じでした。

いきなりは無理ですよ。
ですけど、少しずつ追いかけているうちに、
だんだん自分のレベルが跳ね上がりました。

そうやって悔しいという気持ちに素直に向き合ったからこそ、
成長できました。

悔しいうぜー。あいつ超えたい。
人間として自然の感情だと思います。

そっちのが成長します。

悔しい感情を感じないということは、
その相手に対して、
自分とは関係ないなと捉えているってことです。

僕は自分と同じ年で、5億円くらい年収がある人を見たときに、
悔しくてたまらなくなりました。

くっそオオおおおおおおおおおお
井の中の蛙プレイかましてたわ。

そんな気持ちになりました。

ですけど、
そうやって人生の中で、
悔しいと思わせてくれるようなロールモデルのような人がいるって、
幸せだなと思うんですよ。

僕は中学の時も、
高校の時もこれといって、
悔しいなと思うことってありませんでした。

素直じゃなかったというのが大きかったのですが、
そもそもそのような人に出会うことがなかった。

大学生になるまでは、
パケット定額じゃなかったので、
ネットも普段見れないので、
己の世界がとてつもなく狭かったのです。

世界が狭いと、
悔しいとか思いません。

自分の想像の範疇でしか生きてないわけですし、
憧れを抱く存在もいません。

憧れって一種の悔しさだと思うのですよ。

あの人みたいになりたい。
って、あの人いいなあ、すげーな。かっこいいな。
くそー、進化してあの人みたいになってやる。

的な感情だと思うのですよ。

嫉妬は憧れの裏返しということです。

悔しいって思うのは悪くないし、
嫉妬するってことはまだ命に縛り付けている証拠です。

無気力人間になると、
本当に辛いですよ。

何もやることがなくなって、
人生に絶望します。

それを避けるためにも、
普段から自分とは異世界と交わるべき。

そのような思いを持って生きてます。

得意なものばっかりに触れていると、
世界広がりません。
世界を広げて、見聞を高めるためにも、
新しいものにガンガン触れていきます。

そういった意味で、
起業して本当に良かったと感じます。

学んで、稼いで、成長してを繰り返すことができるわけですから。

代わりに悔しい思いをすることは起業家は多いですけどね。
いいような悪いような。笑



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<
Pocket

1 個のコメント

  • 私の場合、悔しい時はその悔しさを忘れるくらい

    さらに頑張ります。

    できる人というのは、

    自分が思っている3倍くらいは努力しているものですから。

    ====================

    得意なものばっかりに触れていると、

    世界広がりません。

    世界を広げて、見聞を高めるためにも、

    新しいものにガンガン触れていきます。

    ====================

    強く共感しました。

    私もたくさんのことに興味が持てるよう、

    日々いろんな情報に触れています。

    また、街に出て何かしらの体験を

    してみるのもいいかもしれません。

    占い師に占ってもらうとか、

    あえてキャッチセールスに乗ってみるとか。

    そんな感じですかね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です