フック船長をコピーライティングに活かそう。

Pocket

どうもこんにちは、わっきーです。
今日は初めてでもわかるコピーライティング。

この動画は聞いているだけでそこそこ内容入ってくると思いますよ。

フック船長がコピーライティングに活かせるフックとはというお話をして

下記は、動画の書き起こしです。

では早速本題に入ります。
フック、フックのお話をしていくんですが、フックというのは何かというですね。
ここです、この部分ですよね。フック船長のこのひっかける部分ですね。

ひっかける部分、ひっかける部分。
ここにも書いたようにフック、引っかかる部分です。
コピーライティングの世界ではですねフックを作れとよく言われるんですよ。
これはマーケティングの世界でも一緒でしてフックを作れ。
フックを作れというのはお客さんが引っ掛かる部分を作れ。

お客さんが気になる部分を作れということなんですね。
フックというのはつまり人の気を引くものであるということです。
そしてすぐれたフックというのは、興味を掻き立て、生活が向上すると信じてくなり、
そして、無視することはなかなかできない。
これがフックとなります、優れたフックとなるんですね。

具体例なんですが例えば薄給サラリーマンに対するフックとしては、
帰宅してからでも稼げるなんていうと、
ちょっとやってみようかな、稼いでみようかと思いますよね。

例えばもてない人。
もてない人に対しては人生で例えばもうあれですね、
30歳で年齢=彼女いない歴の人間に対しては、90日間であなたに彼女ができますよ。
これってとんでもないフックですよ。

最後にリストを持っているけど活用できていない人に対して。
これはリストの活用法、あなたは1万リストを持っているけど、
本来であれば1万リストあれば1億円稼げます。

しかしあなたは100万しか稼いでません、
リストの活用方法を教えましょうって言えば相手に響くわけです。
コピーライティングでは相手に響かせれば勝ちです。
相手の感情を動かせればもう勝てるんですね。
これはコピーライティングに限った話ではないですけどね、
相手の感情を動かせば勝てるというのはコピーライティングの世界に限った話ではなく、
日常生活、人間関係においても相手の感情が動けば勝てる可能性が高いですよね。

恋愛にしろ普通に同性間のコミュニケーションにしろ。

相手の感情を動かすというのが何より僕は大事だと思っています。
フックのことは分かりましたかね、
復習なんですがまあ惹かれる部分なんですね簡単に言ってしまうと。
これってビジネスをやっていなくてもかなり役立つかなと僕が思っていて。

相手の欲しいものをちらつかせるんですよ、そうすることで相手はですね響くので、

気になってしょうがないですよね。気になってしまうんですよ。
それをどんどんどんどん作っていくということです。

相手を知ることでフックを知れということなんですけど、
フックを作るためには相手のことを知らなければなりません。
例えば先ほど言った90日間で彼女ができると。
これって、既に彼女がいる人あるいは超もててる人には何も響かないんですよね。
そりゃそうですよね、だってもててるですし。
あと帰宅してから稼げるってのはめちゃめちゃ稼いでる人には何も響かないですよね。

1億円とか毎年稼いでるけど帰宅もくそもないだろって話なんですよ。

リストを持っているけど活用できていない人、活用できてる人には何も響かないですよね。

というわけでフックというのは人によって変わるんですよ。
そりゃそうですよね。

お金を持っている人に例えば宝くじ当たってる人に対してお金を楽に手に入る方法なんてもういらないですよね、
もう楽に入ってるし。
というふうにですね、
相手によってフックというのは変わってくるので、相手を知ることがフックを作ることにおいては非常に重要になります。

なので見込み客の属性を知るべしっていうことなんですよ。
相手はどういった人間なのか。相手がどういった人間なのかをまず知って行かなければなりません、
性別にしろ。例えば年齢性別。
どこで働いているのか、どこに住んでいるのか、様々なデータを取っていかなければならいんですよね。

そうすればおのずと相手の欲しいものが分かりますよね。
相手のデータが取れれば欲しいものは分かってくると。

優秀なコピーライター派底を徹底的につけ込むわけです。
徹底的につけ込む。これってどんな人間にも響く部分ってあるんですよ。

だからこそコピーを使って相手に響かせていくんですけど、分かりますかね。
どんな人間にも響く部分がありますよね。
もてている人にも響く部分があるんですよ。
例えばもててはいるけど維持が苦手かもしれないですよねその人は。
もてるんだけど彼女と長続きしないとか。

それじゃ彼女と長続きさせるためには人間関係。
良好な関係を長い間維持できる方法とはというノウハウが売れるかもしれないですよね。
相手に取ってほしいものって変わってくるので相手の属性を知ってですねそこにつけ込んでいく。
これが大事なんですよ。ちなみになんですけどこれって、
中小企業だからこそ出来ることで大手の会社というのはこういうのやらないんですよ。

何故かというと、
大手というのはそっちよりブランド維持というのが大事なんですね。
ブランドの維持が大事。
中小はそんなものは気にしないでいいのでぱっぱとやりましょうということです。
ガンガン稼いでいこうということです。
周りの意見なんて知ったことではないです、ガンガン稼ぎましょうと。

たまにですね、僕は学生だから分かるんですけど、
学生やっているとやっぱり稼いでいることが悪みたいな風潮があるんですけど、
サラリーマンなってしまえばそんな、そんななんか甘っちょろい話はなくてですね、
基本的にもうガンガン稼げばいいに決まってるだろっていう価値観に代わるというかわらざるを得ないので、
もし学生でこの音声を聞いている人がいたら、そこは気にするところではないよっていう感じですね。

お金がかからないですから学生の間は親が払ってくれたりするんで。

やっぱりゆとりというかやっぱりぬるいですよね。
そのぬるさってものから折角学生の間とかって時間があるので
脱却するべきなんじゃないかなと僕は思いますね。
というわけでこの辺で、今日はフックの話。
相手にとってのフックを作れというお話でしたということで、

ありがとうございました。

コピーライティングの記事のまとめです。

慶應大学に通いながらの大学生2年だった時のわっきーがネットビジネス初めて2ヶ月で120万円儲けたフライパンのお話。
せどりでフライパンを売って2ヶ月で120万円儲かった件



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<
Pocket

2 件のコメント

  • 常に相手のことを考え、
    深堀りして分析しないと
    どんな言葉がフックになるのかは
    わからないですよね。

    そこを追求していくことで、
    相手の悩み、ニーズを解決できる
    ものが作れますね!

  • 興味のあるもの(おいしいエサ(話))で獲物(狙った客層)の心(魚でいう口元とか 針が引っかかるところ)を釘付けにする(フックだけに
    頑張っても成績が上がらない人に 1か月で偏差値が10上がった勉強法とかいう広告を見せて売る とか
    お金が欲しい人にワンクリックとか1日10分で100万稼ぐ方法とか
    ↑上2つってあるある
    便秘に悩んでる人にティファール売りつけるとか(白湯を朝に飲ませることで便秘解消に繋げたり…ラジバンダリー…

    こんな感じかな?

  • かたずか にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です