綺麗に事業をやりたい人と雑でもいいからスタートする人、どっちが、社会に役立つか?

Pocket

とにかく雑でもいいからスタートすべし。

〜〜事業をやりたいという人が世の中に大量にいます。

これって部分で言ったらできることが多いです。

例えばだけど、キャバクラをやりたいとしましょう。

ほとんどの人は、どこでやるか?って話になって、物件を見つけたりしますね。

そうじゃないんだ。

じゃあ僕なら何をやるか?

女子に金を払って、男を集めて、イベントをしたらいいのです。

つまり練習です。

ここで女子が集められないようなら、おそらくやめた方がいいです。


とまあ、こんな形でミニマムテストをするべきなのです。


学習塾を起業したいなら、
まずは、レンタルスペースか何かを借りて、生徒を集めてみるのです。

ポスティングしてもいいし、ネットで集めてもいいし、SNSを使っても良い。

とにかく一人でもいいから、生徒を集める。

大体これができてない人が会社を潰します。

絶対にノリで払ってはいけないのが、不動産と人件費です。


これでほとんどの企業がつぶれていきます。

すげー適当なのに、なぜか潰れない人は、実家暮らしだったり、
旦那さん奥さんが家賃や飯代を含めた生活コストを払っていたり、
実は、週3はサラリーマンなんだよね。みたいなパターンがほとんどです。

それも立派なリソースですので、使いこなすのはいいのですが、人を集めて、お金を払ってもらわないと、事業として成立しません。


家賃や人件費というのは、二の次なのです。

よく大企業の経営者の名言で、企業は人なのです。的な発言がありますね。

あれは莫大な金があるからできるのです。


中小企業で、企業は人です。とか言ってても、育てた挙句、やる気出なくて、つまらないのでやめます。みたいな形になることが大いにあります。

昨年ある方にコンサルしましたが、絶対に人を雇うなと言ったのに、
融資が降りたからという理由で、3人も雇って、全員ポンコツすぎて、給料泥棒されたようです。

それは人がいないとできないのか?
物件がないとできないのか?

を考えた方がいいです。

もちろん、物件があった方が、信用性もありますし、スケールするのはそっちのがいいでしょう。

ただ、物件がなくても、10万円くらいは売り上げをあげれないとお話になりません。


以前、飲食をやりたいんだよねーという方がいたので、とりあえず飲食店とコラボして、イベントやったら?
と伝えたら、うーん、イベントビジネスがやりたいわけじゃなくて、飲食をやりたいと言っていて、本質がわからないとこうなります。


どっちでもいいでしょ。って僕は思うわけです。人が集まって飯食うわけだから。

てか飲食店も場所があるだけで、『飯を食う』ってイベントを常にやってます。

なので、人を集められないと飲食なんか話にならんのですが、ま、この人はあーだこーだ言って、結局何もやってません。


ブサイクでも動く人が勝ちます。


僕は以前、飯屋で80人で貸し切って、イベントをやりました。


参加費が7000円でなので、売上で56万円です。

これをできるようになってたら、飯屋の営業はできます。


まずこっちなんすよね。


教育業をやりたいって人にも言いたいのは、まず家庭教師でもいいし、幼児教育でもいいから、単発イベントを成功させてみましょう。と言いたいです。

すぐ立派な外見を整えようとしてはいけません。外見がオワコンでも人を引っ張れないとビジネスはうまくいかないです。


他の例で言ったら、僕アパレルやってますけど、店舗は一瞬POPUPみたいな形で借りましたけど、そんだけです。

ネットで売ってるし、なんなら会った人に買ってもらったりしてますけど、デザインして、アパレル出してたら、まずテストとしてはいいわけです。

本気でアパレルやるなら、店舗を出してもいいけど、僕は結論から言うと、アパレルで店舗は今は出すつもりないですね。


200万円ほど売れましたが、これじゃあ、家賃で一瞬で消え去ります。

家賃払ったからと言って服が売れるわけじゃないです。

でもおもろい企画は1つ考えています。ただ固定費はかかりません。考えてみてください。

新作Tシャツは下記から。
僕のアパレルブランドサイトです。 https://suzuri.jp/wakki001



こんなデザインも今作成中です。これもライオンです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

Pocket