臆病者のための科学的起業術が俺の声を代弁してくれてた。ビビり最強説

Pocket

こんにちは、わっきーです。

僕のいいたいことがドンズバで書いてある本を読みました。
ダイレクト出版の本です。

臆病者のための科学的起業術



ここは翻訳ハチャメチャなときあるけど、
日本の本では絶対に得られない表現とか多くて好き。

突然ですけど、下記の引用をみてください。
これなんだと思います?

・熱心で前向き

・生まれつきチャレンジ精神が旺盛

・過重なストレスに負けずに、元気いっぱいに仕事に立ち向かう強さがある

・自ら責任を負う積極性がある

・指示を従うよりも責任者になることを望む

・成長や変化を好み、物事を推進する力を持つ

・自分自身および自分のビジネスの売り込む能力がある

これ失敗する起業家の特徴。だとこの本では言ってます。

失敗ですよ失敗。sippai。
Failureです。
notサクセス!!!

これが僕は感動するレベルで共感したので、
ここに力点を置いて紹介しますね。

ビビリこそ成功するって言ったら驚きます?

僕マジで起業する前ビビリでした。
というかむしろビビリだから起業したかったのです。

起業理由のメインとして大きいのが、

・お金のため
・コミュニケーションに自信が持てない。

ですよ。

起業したら自信持てて、コミュ力上がったり、
お金が増えたりするだろうから、
起業したいと思ったのです。

あとは就活の時に、
面接が怖いというのがありました。

僕面接鬼苦手だったのです。
受からないのです。。。悲しいw

面接とかマジで無理ゲーだろ。
天賦の才能ねーよwみたいなことを言ってましたw


そんな僕が今では他人に面接することが多いとは、世の中皮肉ですな。


そしてビビリだからこそ、
ネットでこそこそ稼ぐという手段を選びました。
こそこそがポイントです。僕こすいんです。

こそこそこそこそ。

それで1ヶ月目で120万円ほど利益が上がりまして、
調子こいて、ビビりながらもネットで資産を着々と作りました。

その結果起業9ヶ月で月収が300万円ほどになりました。
労働時間ゼロです。

自由なセミリタイア学生になりました。

熱心な人は資産を作らない人多い

起業家って鼻息荒い人多いです。
いやいいんですよそれすごい羨ましい。

だけどその鼻息が荒すぎるせいか、
自信過剰といいますか、
自分でなんでもできると思って、
便利なツールを使ったりしなかったり、
他人に動いてもらったりが苦手なプレイヤー気質の人が多いように思えます。


僕と比較すると、
彼らは資産を作りません。


僕はビビりまくりだったので、
いつ活動できなくなってもいいように、
着々と勝手に儲かる装置を作りました。


熱心系・チャレンジ精神旺盛系・
ストレス耐性強いマンは営業活動とか苦じゃないんですよ。

やべえよ。超人かよ。スーパーマンかよ。
と思いました。


僕嫌ですよ。眠いし家にいたいもん。

ってのが当時の僕。
今でこそガンガン外に出れるようになりましたし、失敗もなんも怖くないってありますよ。

けどそれって知識があるからだし、
失敗しても大したことないって知っているからです。

けど当時は失敗したらおわただと思ってましたし、実際日本社会って失敗に寛容じゃなさすぎません?


一般的に就活するんだったら、
受験で成功して、
大企業に入っても、
社内競争に敗れたらおわたって。。。


怖いわ。嫌なので僕はそんな世界からは逃走しましたw


ビビりなので。
面接がマジで無理でしたし。

俺はなんでもできるなんて自信なんてなかったのです。


なんもできないからこそ起業家になって、
特化型の人間になろうと思ったのです。

しかもネットとかなんか引きこもりでも良さげ、、、的な笑

いろんな起業家さんに会いに行くとかめんどいし、
みんなよくホリエモンとか会いに行くよなあ。

メンタルぶっ壊されそう。怖いわホリエモン。
(今では堀江さんは大好きです。)

不労所得量産物語

ビビって引きこもりだったので、
家で僕はネット上で資産を増やしまくりました。

横展開でどんどん増やして行く。


おかげで今は
毎月の収入が7、800万とか入ってくる。

過去の俺、
自信満々じゃなくてビビりでコツコツありがとうっす。

横展開でどんどん事業展開することによって、
僕はどんどん自信を得ていって、

ビビり×チャレンジ精神旺盛という
矛盾した存在になりました。

チートです。

心配性ではあるけれど、
お金もたっぷりあるし、
知識もあるし、
横展開しても儲かるってわかっているから、
ガンガン挑戦できる。

なにこれ最高。昔の俺いいとこ取りやんけ。
と本を読んで思いました。

失敗したくないからアホみたいに勉強した

ビビり体質の僕は、失敗したくないので、
アホみたいに勉強しました。

勉強実践勉強実践。
学習の基本は、インプットとアウトプットです。

僕は受験生の時にインプットに偏った学習をして、失敗した経験があるので、
両方やって今度こそうまく行く作戦に出ました。


結果大成功。笑

勉強しまくったおかげで、
答えが見えます。

一瞬で見えるので、ビビりの僕でも、
横展開で事業を展開するのが
楽で楽でしょうがありません。

ビビりの僕でも、起業する前から、
駅に自転車で行くことにびびったことはありませんでした。


それは自転車の乗り方という技術と
駅までの道という知識があったからです。

もしチャリにも乗ったことがなくて、
もし落ちたら死ぬよ。って言われたら。
ってなったら僕は多分一生家から出なかったでしょう。

起業を志している人はそれで、
挑戦できなくなっている人多いと指導していて感じます。

知識をつけましょう。
そうしたらビビりながらでも、
余裕こけます。


僕からしたら、
心配性なのに、なんの勉強もせずに、
他人に雇われている方が勇気あるなと思いますけどね。笑


だっていつクビにされるかわからないし、
給料減るかもしれないし、
上司もうざいし怖いしけど逆らえないし。。。

ヤダヤダ。逃げろー。

いつの間にか性格が変わっていた。

最初の引用覚えてます?

・熱心で前向き

・生まれつきチャレンジ精神が旺盛

・過重なストレスに負けずに、元気いっぱいに仕事に立ち向かう強さがある

・自ら責任を負う積極性がある

・指示を従うよりも責任者になることを望む

・成長や変化を好み、物事を推進する力を持つ

・自分自身および自分のビジネスの売り込む能力がある


いつの間にか僕自身もストレス耐性が鬼上がりました。

というのは知識があるからというのが大きいのと、失敗しても復活ができるんだなと思えたことが大きいです。


知識があるので、
派手な失敗をすることがありません。

熱心な鼻息系はしょっぱなから、
資金をぶっこんで、
こけるといったことをやるみたいですが、
僕からしたら信じれない世界です。


今は単純にこける確立が激減しましたし、
だからこそ勇気なんてなくても挑戦できるというのが大きいのです。


それにネットビジネスで儲かっているからこそ、
仮に事業をぶっ放して、300万とか吹っ飛んでも、痛いけど、良い経験だったになるだけなので、
それも挑戦できる大きな理由です。

今では昔からするとびっくりするくらいビビりなくなったし自信満々です。

時間は有限

僕は失敗して再起不能状態になるのが嫌でした。

というのは、そうすると修復作業で、
時間が超かかるからです。

時間は有限で、
時間さえあればどうにでも復活できますけど、
その復活が再起不能だと大変ですよね。


だから時間を消滅させる大爆発的失敗は絶対に嫌でした。


だからこそ超勉強したし、
リスクが超少ないインターネットビジネスをやっています。

営業活動ガンガンとかを足でやらなかったのは、
ネットがあまりにもコスパがいいと思ったからです。それに当時だと怖いし。


だって勝手に動いてくれるし、
隠れて調子こいててもバレないですよねネットなら。

ビビりや元不登校の僕みたいな人間にはもってこいじゃないかとなるわけですよ。

理想はそりゃチャレンジ精神もありで、
思慮深くてってのが理想でしょうけど、
僕はそうではなかったので、
頭を鍛えて成功確率を超上げてから、
チャレンジしまくり人間になりました。
そういった順序が合理的かなと思ったのです。


ネットビジネスなら失敗で再起不能にならない。
ネットビジネスは構造的に再起不能状態になりません。

初っ端でオフラインの事業をやると、
こけたら最悪自己破産です。

すごいわ。どーゆう神経なのか謎すぎる。

ネットビジネスだと、
こけてもサーバー代がなくなったとかのレベルだし、
ネットビジネスのアフィリエイトやらメディア運営の知識は一生役立ちます。

一生役立つのが保証できる知識です。
何屋さんをやるにもネットの知識あれば強いですよ。

だからビビりでも最適なのです。

ネットビジネスでもビビっている人いますけど、
やろうと思えば匿名でもできるし、
ネット上で調子こいちゃえこいちゃえ。


ビビりマンも進化できるって夢あるなあ。


終わり。

追伸

この本買いたいってなるかもだけど、
基本的にはこのブログ記事で事足りるから、
買わないでいいですw

どうしても欲しいって人は、
下記から買ってちょ。


http://directlink.jp/tracking/af/998039/Jus9N66V/





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<
Pocket