4つの手段を深掘りしてみようじゃないか。

Pocket

こんにちは、わっきーです。
4つの手段を紹介しました。

・従業員
・自営業者
・ビジネスオーナー
・投資家

僕は自営業者兼、
ビジネスオーナーです。

時に投資家としての活動もしておりますが、
不確実性が高いために、
推奨しておりません。

投資家としても
生活するレベルでの収益を得ることはできましたが、
それはビジネスで

金銭的に安定していて、
それにより、精神的な安定を得ることができたからです。

決して、
余剰資金以外で、
投資活動をしてはいけない。

これは心の底から思うことです。
FXで、一瞬で何百万も失う人が後を絶ちません。

失意の中で、fxを捨てて、
僕を訪ねる人は今までも何人も見てきました。

・ビジネスで安定収益を得る
これが資本主義社会で、
生き抜く上での費用対効果が高いものとして、
僕は推奨しております。

そのためには、
・自動的に収益が出る仕組みを構築する。

お金と時間の両方を得るには、
これが最も合理的な手段になります。

少なくとも
年収1000万を切っていたら、
仕組み構築が急務になると僕は思っております。

それを達成するには
従業員では不可能なのです。

従業員というのは、
広義での従業員です。

日雇い、
アルバイト、
派遣社員、
会社員、
etc
を指しています。

残念ながら、
従業員ってのは、
どれだけの価値を提供したかといって、
報酬が得られるわけではありません。

価値ではなくて、
時間をどれだけ提供したか?です。

時間によって報酬が決まります。

それは、
時給が決まっているからです。
どれだけ力があろうと、
時給が5000円にはなかなかなりません。

お金を握っているのは、
経営者ですし
給料を決めるのも経営者です。

従業員だと、
お金に対しての自由度があまりにも低いですよね。

僕は従業員を、
時間肉体労働販売業者と定義しております。

いわゆる肉体労働者でなくても、
従業員である以上、
肉体労働であることは変わりありません。

だって絶対肉体使ってますから、
オフィスに通う時点で、肉体疲労は避けられません。

工事現場で働いたり、
引っ越し屋さんで働いたり、
工場で働くことよりは、

頭脳労働かもしれません。
しかしそれは程度の問題であって、
肉体労働である事実は変わらないということです。

僕は、
未だに満員電車で9時までに出社して、
頭脳労働とはとてもいい難いような労働をさせている日本の企業体質には甚だ疑問を感じずに入られませんね。

指示出しは、
チャットワークじゃダメなの?
書類整理なんて、自宅でできるじゃん。

オフィスを縮小して、
その分を給料に還元してあげたほうがいいとおもんですよね。

もちろん、
セキュリティの問題はあるけど、
無理だと諦める前にできることは絶対にあるはずだ。

と思います。

通勤という文化は、
悪しき習慣だと本当に思いますね。

慣例的にはもちろん僕の
主張というのは間違っているかもしれません。

ですが、
社員のためにも、
会社のためにも、

良いと思う戦術はどんどん盛り込むべきだと思うんですよ。

プログラマーが会社に通うとかアホだろって思いますもん。

自宅でいいじゃん。

これも常識ってやつなんでしょうね。
けど、これ誰が幸せになるんでしょうね。

通勤回数が増えたところで、
交通機関と飲食店は儲かるかもしれませんが、
自分には関係がないことです。

通勤することがゼロであるべきだとは僕も思ってません。
人間ずっと1人だとだらけますから。

しかし、ずっと同じ人と一緒にいてもだらけるんですよ。
そういった理由も含めて、
従業員であるというのは大きなリスクだと思いますね。

従業員である
=時間と労働力の販売業者

ですから。

なのに重要な資産である、
時間を通勤時間にしてしまうなんて。

なんてこったい。

って感じですよ。本当に。

従業員のことは語りましたね。

従業員である以上、
自由にはなれないってことです。

それが今回一番言いたいことです。

自由になるには、
ビジネスオーナーになるしかありません。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<
Pocket

1 個のコメント

  • わっきーさん、こんばんは。すにえです。
    僕は給料を上げるために、幾度となく転職を繰り返して来ました。ですが、雇われている限り、時間肉体労働販売業者である事に変わりがないので、大きな稼ぎの変化は有りませんでした。
    これからは、わっきーさんのブログ、動画で勉強にさせて頂き、インターネットビジネスを学び、ビジネスオーナーを目指します!!宜しくお願いします!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です