僕等がいたは数少ない男でも読める少女漫画だ。

Pocket

こんにちは、わっきーです。

今日は男でも面白いと思える少女漫画を紹介しますね。

ですが、
そもそもなんですが、
僕は少女漫画を舐めてました。

僕と少女漫画との出会いから振り返ると、
僕が初めて少女漫画を読んだのは、高校2年生の時です。

高校生の時に、短期バイトをした帰りに、
寄った日帰り温泉でのことでした。

先輩がチケットを持っているとのことだったので、
僕はそれに便乗しました。

横浜のセンター北のSPAです。

今調べてみたら、
港北天然温泉 スパ ガーディッシュ

という名前らしいです。

で、そこで風呂に入って、
髪が半乾きのまま借りれる浴衣を着て、
休憩スペースに行きました。

そこは漫画が読み放題でした。

で、普段なら絶対少女漫画なんてスルーするんですけど、
本当になんとなくですね。

全体を見渡して、
気になったのが
『僕等がいた』という漫画です。

僕が初めて会った少女漫画がこれです。
この漫画は僕の世界観を変えました。

これです。

もう本当にこれおもしろすぎる。
ストーリー展開が大好きですし、
当時の僕の精神状態は共鳴しました。

僕が興味持った視点として、
この漫画は、

なぜか少女漫画なのに、
男性が主人公のような感覚にもなるということ。

これは衝撃でしたよね。
少女漫画なのに、男にフォーカスがかなり当たってる。

やっぱり僕は、
女性ではなくて、男性なので、
この辺には共感してしまうわけです。

主人公の女の子が高橋で、
その恋人役が矢野

というキャラなのですが、
この矢野に当時の僕は共感しまくってたのです。
(僕は矢野みたいにイケメンではないし、クラスの女子全員に好きになられたこともありません。)

で彼は、
母親が自殺して、好きだった元カノが浮気していて、
おまけに交通事故にあうし、
親父がクソッタレという
人生辛すぎるキャラです。

子供の頃に父親を父親だと思っていない点なんかは超共感しましたね。
(現在は父とはある程度ですが関係は昔に比べればよくなりました。)

で、この矢野くん。
自己犠牲の精神なんですよね。

オカンは自殺するし、元カノは死んでしまうわけです。

悲劇の主人公なわけです。

で、僕も自分で起業して、
金銭的に自由を得るまで、
自己犠牲の精神でかなり生きてきた部分があります。

正直悲劇の主人公気取ってました。
しかもそれにある程度満足感を得ているというか
犠牲になっていることで満足している状態だったのです。

なんか買って。とは言えなくて、
自分で稼いでいることに満足感を得ている。

僕には弟がいるんですが、
彼は、甘えているのを見て、
あいつしょぼいなと思って見てたり。

頑張っている俺偉い。偉いから認めてね。
みたいな感じですかね。
表現するのはかなり難しいんですけどね。

とにかく、不幸自慢みたいなことをしまくってたわけです。

うちは金ねえし、
両親毎日喧嘩してるし〜

に対して、
周り金持ちだけど、
こいつら親に甘えてるな。

将来困るだろうな。
とか思いたい症候群なわけです。
自分が幸せじゃないからどこかで人を落としたいんですよね。

そんなもんだから自己犠牲の精神になっている
矢野くんに感情移入しまくるわけです。

救われたいし、
認められたい。

けど、それを言ってしまったらだめな気がする。
俺のアイデンティティなくなってしまう。

そんな当時の僕と矢野くんの思考は一致したんですよ。

だからこそ、
読んで涙が出そうになりました。

僕はすぐにブックオフにこの漫画を買いに行きました。

何度も何度も読みました。
今でも物語を作る職業として、本当に学びになる漫画です。

あと、注意点としては
この漫画序盤がつまらないです。

なんかもう普通です。
とてつもなく普通。

けど、途中から一気に物語が加速するのです。

Amazonのレビューでも最初は微妙と書かれてますね。
本当にその通りだと思います。

ですけど、最後まで読めば本当に面白いです。

興味ある方は是非、
とりあえずAmazonのレビューを読んでください。

脚本書いたり、シナリオの構成書くときには、
苦悩とかコンプレックスというのは、
かなり大事になってきます。

そういった意味で、
少女漫画というのは、感情の起伏で表現しているので、
バトル漫画みたいに迫力に逃げません。
てか逃げれません。

BLEACHという漫画は僕はそこそこに好きなんですが、
(正確に言うと好きだったけど、今は微妙だけど、惰性で読んでる)

この漫画は正直雰囲気でしかないと思っていて、
その点少女漫画はきちんと表現しているので、
僕みたいな仕事している人にとっては本当に面白いんですよね。

細かい細部が丁寧なんですわ。本当に。

是非オススメです。

男でも読める少女漫画をまとめてみた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして大学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕わっきーが慣れて、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕わっきーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. uneCCsqWRYLYIx71466557995_1466558102
  2. babystep
  3. 山賊ダイアリー1
  4. IMG_1250.JPG
  5. kakukakusikasika
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの理念と僕わっきーのプロフィール


初めまして、
西脇です。
わっきーという名前でブログを書いてます。

極貧アルバイト生活の状態から起業して、
何もしなくても、
毎月500万円以上の利益が勝手に生まれる生活に変化しました。


全く労働をする必要がなくなったので、
21歳の時はセミリタイアしてました。

怪しいですよね。
怪しいでしょうが、そのような世界があるということを知ってもらいたいのです。

その上で、このブログを読んでもらいたいです。

このブログのコンセプトは、
ヘッダー画像にもありますように

『金時心体〜いざ脱獄〜』
きんじしんたいと読みます。

何だそりゃ?という感じですよね。

説明していきます。

金時心体とは

お金
時間
精神
身体

を指してます。

僕は、その
金時心体の自由度が高い状態を目指して生きています。

つまり、
金銭的な自由
時間的な自由
精神的な自由
身体的な自由

この4つの自由度を上げていくというのが今現在僕が人生をより満足にしていくためにやっていることです。

お金もなくて、友達もいなくて、自信もなかった僕がどうなったのか?

もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。

金時心体理念物語

わっきーのおすすめ教材まとめ

初心者用コンテンツ

ブログでは聞けないyoutubeチャンネル

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。