神田昌典の不変のマーケティングを読んで思ったこと

Pocket

こんにちは、わっきーです。
20歳で起業して、今23歳です。
大学生から起業して今や月収が500万円を切ることがなくなりました。

先ほどまで本を読んでました。
今日は神田昌典さんの本です。

不変のマーケティングという本ですね。

非常に内容は素晴らしい。
素晴らしすぎる。

、、、、しかし。
これってビジネス中級者向けだよなあと思うのです。

基本的に、物が効率的に売れる方法を教えている本なわけだけど、
物をもともと持ってなくて、
独立してない人には使いようがない本なわけで、
ビジネス初心者には意味ないです。

というか限りなく意味がないに近いです。
人生は有限で、僕たちは行動する際には、
優先度を振り分けて効率的に動かなければなりません。

全体的に言えるのは、
神田さんの本は、独立開業する人のためではなくて、
既にしている人のためのものであるということなんですよね。

自分のビジネスを始める最初の1歩がこの本ではわからないんですよ。
だから、僕は起業しようとしている人にはこの本は勧めてません。

起業・副業でも、
ビジネスを始める時って、
お客さんとの接点がどうやっても必要になってきます。

そりゃ、お金を払うのは、お客さんなわけで、
お客さんと接点を持つことができないと話になりません。

神田昌典さんの本も含めて、
このようなビジネス書にありがちなんですけど、
接点の持ち方がさっぱりわかりません。

スタートできないんですよ。
これだと事業を立ち上げたことない人には、
えげつねえハードルですよね。

僕は基本的に独立したかったり、
起業したかったりする人ってのは、
みんなすごいと思ってます。

だって、いわゆる常識的な世界だったら、
「やめなさい」って言われる世界だから。

だからこそあえてそれに挑戦するのってすごいと思うんですよ。

けど、最初がわからない。。。。。
こうなってしまったらもったいないですよね?

確かに、
この本はいい本なのです。
神田昌典さんの本は、
既に立ち上げている人には本当にオススメです。

特に売上をあげたいという方にはオススメ。
ただし、社長がいなくても勝手に回る仕組みを作るという点は、
ほとんど書かれていないかも。

そもそも論として、
社長がいなくても回る仕組み。
つまり仕組み化というのは、
基本的に一般書籍には書かれてないことが多いんですけどね。

まそれはいいとしてです。

何もやってない人ってどうすればいいの?
という話に戻しましょう。

ラーメン屋?
コンビニFC?

たくさんの経営者を見てきましたが、
初っ端でそれは本当に推奨しません。

ではなくて、
僕は心からネットビジネスを推奨します。

最大の理由はやっぱり、
ランニングコストがかからないこと。

ラーメン屋、つまり飲食店ですが、
どうやっても、ランコスがかかります。

ラーメン屋経営者にアドバイスしてきた事も数十回ありますけど、
そりゃもう悲惨です。

お客さんが来ない。。。
そして、スープも麺も廃棄。

もったいない。

に対して、

ネットビジネスって基本的に、
パソコン1台で自宅で始められるし、
そのハードルの割に、
仕組みを構築していけば、
年収1000万の世界も全然見えるという魅力的な世界。

本当にITの力はすごいと思います。

ITはどんどん人間がやるべきでない仕事を代わりにやってくれます。

僕もそうですが、
お金だけのためで言えば、
基本的に働く必要がありません。

インターネットがお客さんに勝手に価値を提供してくれるから、
自分で動く必要がないのです。

これからどんどんそういった時代になってくるのです。

2016年はエネルギーの産業が不況ですね。
原油価格もどんどん下落しております。
それにより商社がとうとう赤字に転落してしまいました。

そもそもですが、
これからはどんどん個人の時代に向かっております。

理由として大きいのは、
日本人にとって必要なものが激減したことです。

家電も壊れないし、
必要にならないのです。

だからこそ、買うべき商品が激減しているのです。

そして、
スマートフォンの登場により、
僕らの時間というのは、
どんどんネットの世界に流れています。

Twitter
facebook

そうなってくると、
リアルの産業で物を買うのがどんどん減っていき、
そして、みんなが欲しいものというのがなくなってくるのです。

ネットを見るということは、
それは同時にテレビを見る時間が減ることを意味します。

一昔であれば、
みんながテレビを見ていて、
テレビ局がCMを流して、
一斉にみんなが同じものを欲しくなるという時代でした。

今は違います。
消費者はネットで評判を見て、物を買うようになりました。

テレビの視聴率が減少するということは、
大手はテレビを使ってCMを流して、マーケティングしているわけですから、
どんどん大手の商品は売れなくなっています。

銀行も商社もメイカーも今はどんどん苦しい思いをしております。
原因は明快です。

儲かっていないのです。
大手が儲かっていないというのは、
その下請け業者が儲からないということで、
日本全体の景気が悪いことを意味します。

もう会社にぶら下がっていたら、
どんどん厳しい時代なのです。

だからこそ、
個人で実力をつけるべきなのです。

僕は2013年の春、慶応大学に在学していて2年生の時に起業しました。
その頃から年収1000万円を切ることは無くなりました。

それはひとえに、
インターネットビジネスの基礎を学んで、
仕組みを作っていき、
その仕組みが勝手に動いていってくれているからなのです。

だからこそ、学校に行かずとも、
勝手にネットで利益が上がっていたのです。

本当にネットはすごいです。
僕のネット上の媒体は僕が1秒も仕事をしなくても、
24時間永遠に稼働していて、価値を与え続けています。
そしてそれに比例して収入もどんどん伸びています。

今では1日の収入が10万円を切る日はありません。
すべてインターネットからの収入です。

僕は月収にして、500万以上稼いでいるし、
月によっては1500万を超える月もあります。

ありえないと感じますよね?
僕も思ってました。ありえないと。

ですが、インターネットを理解して、
その仕組みを用いることができれば、可能なのです。

それは後々勉強していけば理解できます。

勉強というのは、異世界との交流だと僕は思ってます。
新しいことを学べばどんどん新しい世界に入ることができる。

インターネットビジネスを通して、
僕はそれを学びました。

もともとは、本当に勉強することが嫌いでした。
なぜ勉強しなくてはいけないの?
それを感じる日々でした。

そんな僕が書籍を300冊以上読んで、
本当に学ぶことが楽しくなっています。
たくさん学んで、そして稼ぐ。

非常に良い循環になっているのかな?
と思ってます。

学べば悔しい思いをすることもあります。
最初はどんな分野でもわけわからないこともあります。
ですが、最初に少し耐えて学んでいくことで、
よりより人生が待っているのです。

そのお手伝いができればいいと心から思ってます。

僕がインターネットビジネスでどうやって稼いできたか?
それに関しては、僕のメールマガジンで語っておりますので、
この機会に異世界に飛び込んで、独立のきっかけを作り、
金銭的に安定したい生活をしたい方は、是非ご登録ください。

無料で登録できます。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

下記画像からメルマガは登録できます。


【下記画像をクリックして、大学生月収500万物語の続きを読む】









>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

Pocket